運行管理者試験・過去問題

貨物自動車運送事業法関係

問3 次の記述のうち、運行管理者の行なわなければならない業務として正しいものをすべて選びなさい。


1.異常気象その他の理由により輸送の安全の確保に支障を生ずるおそれがあるときは、乗務員に対する適切な指示その他輸送の安全を確保するために必要な措置を講ずること。

2.一般貨物自動車運送事業者等により運転者として選任された者以外の者に事業用自動車を運転させないこと。

3.休憩又は睡眠のための時間及び勤務が終了した後の休息のための時間が十分に確保されるように、国土交通大臣が告示で定める基準に従って、運転者の勤務時間及び乗務時間を定め、当該運転者にこれらを遵守させること。

4.事業用自動車に備えられた非常信号用具及び消火器の取扱いについて、当該事業用自動車の乗務員に対する適切な指導を行うこと。

5.事業用自動車について、構造及び装置並びに運行する道路の状況、走行距離その他事業用自動車の使用の条件を考慮して、定期に行う点検の基準を作成すること。

6.法令の規定により、運転者に対して点呼を行い、報告を求め、確認を行い、及び指示を与え、並びに記録し、及びその記録を保存し、並びに国土交通大臣が告示で定めるアルコール検知器を備え置くこと。


 

解答と解説

1,2,4


 

弊社及び行政書士高橋幸也うめさと駅前事務所及び法律情報出版株式会社は、本サービスに基づき掲載したデータの誤り等によって、直接または間接的に生じた読者、HP閲覧者または第三者の損害について、その内容・方法の如何に関わらず、一切の賠償責任を負わないものといたします。

過去問題及び解答などのすべての掲載情報は、内容を保証するものではなく直接的・間接的を問わず不利益が生じた場合においても、一切責任は負いませんのでご了承の上、ご活用下さい。 また、法改正によって解答に変更が有る場合もございますので、ご利用頂いた方の責任においてご活用ください。

合格キーワードに関しましても、運管試験の過去問題に基づいて解説しているため、法令改正などの可能性があることにも留意してご利用下さい。