運行管理者試験・過去問題

貨物自動車運送事業輸送安全規則 第9条の3

問8:一般貨物自動車運送事業者が作成する運行指示書に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

事業者は、乗務前及び乗務後の点呼のいずれも対面で行うことのできない乗務を含む運行ごとに、所定事項を記載した運行指示書を作成しなければならない。

事業者は、作成した運行指示書により事業用自動車の運転者に対し適切な指示を行い、及びこれを当該運転者に携行させなければならない。

事業者は、運行指示書の作成を要しない運行の途中、事業用自動車の運転者に乗務前及び乗務後の点呼のいずれも対面で行うことができない乗務を行わせることとなった場合においても、電話等による点呼により、運転者に対し適切な指示を行えば、運行指示書の作成は要しない。

事業者は、運行指示書及びその写しを運行の終了の日から1年間保存しなければならない。


 

解答と解説

  解答 誤っている記述 正しい記述 法条(項)
1. - - 貨輸則9条の3・1項
2. - - 同9条の3・1項
3. × 場合においても、電話等による点呼により、運転者に対し適切な指示を行えば、運行指示書の作成は要しない。 場合には、当該乗務以後の運行について、所定事項を記載した運行指示書を作成し、及びこれにより当該運転者に対し電話その他の方法により適切な指示を行わなければならない。 同9条の3・3項
4. - - 同9条の3・4項

 

弊社及び行政書士高橋幸也うめさと駅前事務所及び法律情報出版株式会社は、本サービスに基づき掲載したデータの誤り等によって、直接または間接的に生じた読者、HP閲覧者または第三者の損害について、その内容・方法の如何に関わらず、一切の賠償責任を負わないものといたします。

過去問題及び解答などのすべての掲載情報は、内容を保証するものではなく直接的・間接的を問わず不利益が生じた場合においても、一切責任は負いませんのでご了承の上、ご活用下さい。 また、法改正によって解答に変更が有る場合もございますので、ご利用頂いた方の責任においてご活用ください。

合格キーワードに関しましても、運管試験の過去問題に基づいて解説しているため、法令改正などの可能性があることにも留意してご利用下さい。