運行管理者試験・過去問題

実務上の知識

問23:自動車の交通公害等に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

※乗用・乗合・貸切・貨物の共通問題として出題

自動車の速度と燃料消費量には密接な関係があり、速度が速過ぎても遅過ぎても燃料消費量は多くなる。

地球の温暖化防止に向けた「京都議定書」(気候変動に関する国際連合枠組条約第3回締約国会議において採択された京都議定書)が本年2月に発効し、日本においてもこの対策の推進が急務となっている。

自動車が走行すると、排気管やタイヤ等から走行騒音を発生するとともに道路周辺にも振動を与えることとなるが、これらは、自動車の速度が速いほど、また、自動車の重量が重いほど大きくなる。

温室効果ガスとは、メタン、二酸化炭素、代替フロン等をいい、日本で排出されている温室効果ガスの約5割が二酸化炭素で、このうちの約2割を運輸部門が占めている。


 

解答と解説

正解:4


 

弊社及び行政書士高橋幸也うめさと駅前事務所及び法律情報出版株式会社は、本サービスに基づき掲載したデータの誤り等によって、直接または間接的に生じた読者、HP閲覧者または第三者の損害について、その内容・方法の如何に関わらず、一切の賠償責任を負わないものといたします。

過去問題及び解答などのすべての掲載情報は、内容を保証するものではなく直接的・間接的を問わず不利益が生じた場合においても、一切責任は負いませんのでご了承の上、ご活用下さい。 また、法改正によって解答に変更が有る場合もございますので、ご利用頂いた方の責任においてご活用ください。

合格キーワードに関しましても、運管試験の過去問題に基づいて解説しているため、法令改正などの可能性があることにも留意してご利用下さい。