運行管理者試験・過去問題

運行管理者試験 実務上の知識

問24:交通公害等に関する次の記述のうち、適切でないものはどれか。


※問24は、乗用・乗合・貸切・貨物の共通問題として出題されている。

自動車の排出ガスの中には、一酸化炭素、炭化水素、窒素酸化物等人体に有害な物質が含まれており、これらの排出ガスが大気を汚染する原因の一つとなっている。

自動車について、急発進や空ぶかしを行ったり、客待ちや貨物の積み卸しなどのため継続的に停止するときにアイドリング状態を続けたりすると、人体に有害な物質のほか、地球温暖化の一因となっている二酸化炭素の排出量が増加するばかりではなく、燃料を余分に消費する原因にもなる。

我が国の二酸化炭素の排出量については、全体の2割を運輸部門が占め、このうち9割が自動車に起因することから、自動車からの二酸化炭素の更なる排出削減対策の推進が必要となっている。

自動車が走行すると、排気管やタイヤ等から走行騒音を発生するとともに道路周辺にも振動を与えることとなるが、これらは、自動車の速度が遅いほど、また、自動車の重量が重いほど大きくなる。


 

解答と解説

正解:4


 

弊社及び行政書士高橋幸也うめさと駅前事務所及び法律情報出版株式会社は、本サービスに基づき掲載したデータの誤り等によって、直接または間接的に生じた読者、HP閲覧者または第三者の損害について、その内容・方法の如何に関わらず、一切の賠償責任を負わないものといたします。

過去問題及び解答などのすべての掲載情報は、内容を保証するものではなく直接的・間接的を問わず不利益が生じた場合においても、一切責任は負いませんのでご了承の上、ご活用下さい。 また、法改正によって解答に変更が有る場合もございますので、ご利用頂いた方の責任においてご活用ください。

合格キーワードに関しましても、運管試験の過去問題に基づいて解説しているため、法令改正などの可能性があることにも留意してご利用下さい。