鈴木邦成の「物流の視点」

ブログトップへ

運行管理者による乗務前点呼

2017年4月22日

運行管理者は運行開始前に定められた場所で運転者の点呼を行います。


営業所または車庫で原則として対面で行われます。


運行管理者が運転者の体調、健康状態を直接、チェックするのです。


運転者に異常が見られた場合などにはそのまま乗務させることはせず代替の運転者を用意するなどの対策を講じます。


運転者が使用する車両については運行の開始前に車両法に基づいて目視などにより日常点検を行います。


車両に異常があれば整備を行い、異常を取り除くか、代替の車両を使うなどで対処する必要が出てきます。

 

筆者紹介

鈴木 邦成

鈴木 邦成 物流エコノミスト・日本大学教授
国際政治経済、国際文化に関する造詣が深く、記事・論文・著作多数。
欧米諸国の地域経済統合の流れを、物流・ロジスティクスの観点から追求している。
国際物流に関するセミナーやロジスティクスに関する講演会での講師歴は多数。

最近のブログ記事
月別アーカイブ
カテゴリー別一覧