鈴木邦成の「物流の視点」

ブログトップへ

物流コストの視点からの「一般経費」

2017年1月18日


一般経費には旅費、交通費、会議費、接待交際費、寄付金、参考図書費(物流関連図書の購入費など)、諸団体会費(物流関連学協会の会費など)、通信費、雑損(輸送・保管中の汚損、変質、棚卸減耗、事故処理費用など)などがあります。


たとえば物流改善のためという目的がはっきりしている会議を開き、各エリアから物流担当者を集めた場合などが当てはまります。ムダな会議が多ければ、それが物流コストとしても跳ね返ってくるわけです。


たとえ物流改善のためであっても、会議は効率的に最短の時間で最大の成果を行えるように工夫しなければなりません。「時間がかかる非効率な会議しかできない物流部にきちんとした効率化策は打ち出せない」と考えるべきでしょう。


なお、通信費などの共同用役費、2部門以上に共通する部門共通費については、物流部門だけではなく、関連部門との配賦になります。

 

筆者紹介

鈴木 邦成

鈴木 邦成 物流エコノミスト・日本大学教授
国際政治経済、国際文化に関する造詣が深く、記事・論文・著作多数。
欧米諸国の地域経済統合の流れを、物流・ロジスティクスの観点から追求している。
国際物流に関するセミナーやロジスティクスに関する講演会での講師歴は多数。

最近のブログ記事
月別アーカイブ
カテゴリー別一覧