鈴木邦成の「物流の視点」

ブログトップへ

物流の見えるコストと見えないコスト

2016年10月22日

物流コストには「見える物流コスト」と「見えない物流コスト」があることを押さえておきましょう。


さまざまな経費のなかに物流コストが隠れていることがあります。
そしてその場しのぎの対応を繰り返していれば、どちらの物流コストも自然に増大していくことになります。結果として物流効率も悪化します。


目に見える物流コストの増大には比較的、早くに気がつくケースが多くなります。
無論、対策も立てやすくなります。


物流現場において常にコストを意識しつつ効率化を考えることで、モノの流れのそれぞれのプロセスに潜むムダを戦略的に排除していくことが可能になるのです。


「物流現場のどこにどのようなかたちでコスト負担が見られるか」を知ることで物流改善への道筋も明らかにされるというわけです。

 

筆者紹介

鈴木 邦成

鈴木 邦成 物流エコノミスト・日本大学教授
国際政治経済、国際文化に関する造詣が深く、記事・論文・著作多数。
欧米諸国の地域経済統合の流れを、物流・ロジスティクスの観点から追求している。
国際物流に関するセミナーやロジスティクスに関する講演会での講師歴は多数。

最近のブログ記事
月別アーカイブ
カテゴリー別一覧