鈴木邦成の「物流の視点」

ブログトップへ

物流コストの計数管理/KPI管理ポケットブック

2016年1月 3日
拙著『物流コストの計数管理/KPI管理ポケットブック 』(鈴木邦成著、日刊工業新聞社、1512円)が刊行されました。 客観的な指標をもとに諸状況を把握し、改善などに役立てていくのが「計数/KPI(主要業績評価指数)管理」です。近年は物流領域で大きな注目を集めています。 本書は、2014年に刊行した拙著『物流・流通の実務に役立つ 計数管理/KPI管理ポケットブック』(鈴木邦成著、日刊工業新聞社)の姉妹版です。 前著では物流・流通の幅広い領域のKPI(主要業績評価指標)を取り上げましたが、新刊では物流コストの削減を念頭に物流・ロジスティクス領域のKPIに絞り、解説しています。 物流企業、あるいは荷主企業の視点からコスト削減に役立つ計数・KPIを取り上げ、ビジネスの現場で使いこなせるようにわかりやすく説明しました。 辞書的にお使いいただけるように持ち運び便利なポケットブック形式としました。 ご興味のある方に一読をお薦めします。 51ruZ1WaD3L__SY291_BO1,204,203,200_QL40_.jpg
 

筆者紹介

鈴木 邦成

鈴木 邦成 物流エコノミスト・日本大学教授
国際政治経済、国際文化に関する造詣が深く、記事・論文・著作多数。
欧米諸国の地域経済統合の流れを、物流・ロジスティクスの観点から追求している。
国際物流に関するセミナーやロジスティクスに関する講演会での講師歴は多数。

最近のブログ記事
月別アーカイブ
カテゴリー別一覧