鈴木邦成の「物流の視点」

ブログトップへ

ロジスティクス英書 Toward Sustainable Operations of Supply Chain and Logistics Systems

2015年8月 2日

Springer社からの英語論文の紹介


今年6月末に刊行された、Toward Sustainable Operations of Supply Chain and Logistics Systems (EcoProduction)  Voratas Kachitvichynaukul , Kanchana Sethanan ,Paulina Golińska- Dawson 編に拙論文が3点ほど掲載されています。


小売業のロジスティクス戦略、リバースロジスティクスの最適化、廃棄物処理施設の拠点集約に関する英語論文です。


欧州最大の出版社であるSpringerの論文集に収められたことはたいへん光栄なことでもあります。

同書は日本円で2万5千円前後とかなり値の張るものですが、環境戦略物流の論文を集めた良書です。


アマゾンなどでも購入できるので物流と英語に興味のある方に一読をお勧めします。


springer 2015.jpg

 

筆者紹介

鈴木 邦成

鈴木 邦成 物流エコノミスト・日本大学教授
国際政治経済、国際文化に関する造詣が深く、記事・論文・著作多数。
欧米諸国の地域経済統合の流れを、物流・ロジスティクスの観点から追求している。
国際物流に関するセミナーやロジスティクスに関する講演会での講師歴は多数。

最近のブログ記事
月別アーカイブ
カテゴリー別一覧