鈴木邦成の「物流の視点」

ブログトップへ

トコトンやさしい物流の本

2015年4月 5日

拙著『トコトンやさしい物流の本』(鈴木邦成著、日刊工業新聞社)が発刊されました。


物流の機能やしくみはもちろん、身近な日常生活のなかでの物流の役割、世の中の変化にあわせて変わる現代物流の姿、さまざまな業界における物流の課題や解決策などが専門的な知識がなくとも正しく理解できる内容になっています。実務面の初歩的な知識も、実践事例を交えて紹介してあります。


本書では物流の入門者、初心者が一読することで物流の基本的なしくみ、物流業界の概要などがわかるように工夫しました。


同時に専門的な内容でも入門者が知っておいたほうがよいと思える知識もわかりやすく解説するようにしました。


物流をわかりやすく親しみやすく理解できるように図表、イラストを見開きページに配して、それぞれの項目をていねいに解説しています。


ご興味のある方にご一読をお勧めいたします。


トコトンやさしい物流.jpg


 

筆者紹介

鈴木 邦成

鈴木 邦成 物流エコノミスト・日本大学教授
国際政治経済、国際文化に関する造詣が深く、記事・論文・著作多数。
欧米諸国の地域経済統合の流れを、物流・ロジスティクスの観点から追求している。
国際物流に関するセミナーやロジスティクスに関する講演会での講師歴は多数。

最近のブログ記事
月別アーカイブ
カテゴリー別一覧