鈴木邦成の「物流の視点」

ブログトップへ

物流・流通の実務に役立つ 計数管理/KPI管理ポケットブック

2014年11月10日

拙著「物流・流通の実務に役立つ計数/KPI管理ポケットブック』(日刊工業新聞社、1512円)が11月21日に発売されます。


物流や流通の現場で、「効率化、改善を客観的な指標をもとに行いたい」と悩んでいる担当者は少なくないでしょう。


本書は、調達・仕入れ、在庫・保管、販売、物流、生産性、経営分析の視点から、「これだけは知っておけば十分」といえる計数/KPI(主要業績評価指数)をピックアップして、わかりやすく解説しています。


アマゾンなどで先行予約が可能です。


ご興味のあります方に一読をお勧めいたします。

 

筆者紹介

鈴木 邦成

鈴木 邦成 物流エコノミスト・日本大学教授
国際政治経済、国際文化に関する造詣が深く、記事・論文・著作多数。
欧米諸国の地域経済統合の流れを、物流・ロジスティクスの観点から追求している。
国際物流に関するセミナーやロジスティクスに関する講演会での講師歴は多数。

最近のブログ記事
月別アーカイブ
カテゴリー別一覧