鈴木邦成の「物流の視点」

ブログトップへ

『トコトンやさしいSCMの本 第2版』

2014年8月26日

2003年7月に上梓した『トコトンやさしいSCMの本』は累計で1万部を超えるロングセラーとなりました。


しかし、近年の物流・ロジスティクス・SCM業界の変革は著しいものがあります。


そこで10年の歳月を経て、大幅に内容をアップデートした第2版をこのたび刊行しました。


クラウド、ビッグデータ、オムニチャネルといった最近のニューワードとSCMの関係についても言及してあります。


サプライチェーンに関するイメージが10年前とは大きく変わるなか、よろしければぜひ一読をお願いいたします。


SCMの本.jpg

 

筆者紹介

鈴木 邦成

鈴木 邦成 物流エコノミスト・日本大学教授
国際政治経済、国際文化に関する造詣が深く、記事・論文・著作多数。
欧米諸国の地域経済統合の流れを、物流・ロジスティクスの観点から追求している。
国際物流に関するセミナーやロジスティクスに関する講演会での講師歴は多数。

最近のブログ記事
月別アーカイブ
カテゴリー別一覧