鈴木邦成の「物流の視点」

ブログトップへ

日本SCM協会の発足

2014年5月14日

景気の行方


「景気がよくなった」という実感はまだまだないかもしれませんんが、受注、売上が好調な企業も増えてきているようです。


日本SCM協会の発足


日本SCM協会が発足しました。


本年2月に設立記念講演会が行われ、4月には研究会も開始されました。


日本の産業構造は製造業中心のスキームから小売業中心のスキームにシフトしつつあります。


さらに3PL事業の進展などにより、「荷主のロジスティクス管理の空洞化」も進行しています。


SCM協会はこうした新しい視点からのサプライチェーンソリューションを見つけていく業界の指針となることを目指しているのです。

 

筆者紹介

鈴木 邦成

鈴木 邦成 物流エコノミスト・日本大学教授
国際政治経済、国際文化に関する造詣が深く、記事・論文・著作多数。
欧米諸国の地域経済統合の流れを、物流・ロジスティクスの観点から追求している。
国際物流に関するセミナーやロジスティクスに関する講演会での講師歴は多数。

最近のブログ記事
月別アーカイブ
カテゴリー別一覧