鈴木邦成の「物流の視点」

ブログトップへ

『商売は冷蔵庫の中にある!』の刊行

2014年2月 4日

先月末に発売された、『新・物流マン必携ポケットブック』(日刊工業新聞社、1680円)が書店の店頭に並び始めました。


出足は好調のようです。


『商売は冷蔵庫の中にある!』


さらに2月7日に『商売は冷蔵庫の中にある!』(商業界、1680円)が刊行されます。


身近な出来事を素材にして、戦略物流→「ロジスティクス思考」を分かりやすく解説した本です。


ファッション・ネット通販大手のマガシークの井上直也社長の推薦の言葉をいただきました。


家庭の冷蔵庫を流通の終点として見ると、そこにはビジネスを成功させる「ロジスティクス思考」が詰まっていると考えられます。


在庫管理を冷蔵庫を見ながら考えるのも一法です。


拙著『商売は冷蔵庫の中にある!』では、商売のヒントを日常の中から、ロジスティクス思考で解明します。


目次は次のようになります。


目次


第1章テーマ:物流キャパシティ
食べ放題と飲み放題とでは、どちらが儲かる?

第2章テーマ:商品戦略
高級ブランドの新製品は、なぜ数が少ないのか?


第3章テーマ:共同物流
半値で運営する激安引っ越し会社が成立する理由とは?


第4章テーマ:物流効率
バーゲンを、週末ではなく平日にする不思議な店


第5章テーマ:在庫圧縮
人気のない古着まで下取りするアパレル小売業の秘密


第6章テーマ:サプライチェーンマネジメント
流通業に、ドラえもんの「どこでもドア」はあるか?


第7章テーマ:在庫管理の死角
セールせずに売上高を伸ばす方法はあるのか?


第8章テーマ:5S、棚卸
毎日掃除をすると本当に売上高は伸びるのか?


第9章テーマ:作業工数、作業動線
だらしない工場の生産性が高い不思議


第10章テーマ:立地戦略
裏通りばかりに目を付ける不動産業者の狙い


第11章テーマ:緊急出荷
倉庫の前で客待ちをするタクシーは賢いか?


第12章テーマ:在庫管理の進め方
商売のヒントは冷蔵庫の中にある!


なお、第1章の前にはプロローグとして、第12章のあとにはエピローグとして、それぞれ簡単なストーリーが入っています。


機会があれば、ぜひご一読をお願いいたします。


全国の書店、ネット書店での購入が可能です。


61bpU0cSmkL__SL500_AA300_.jpg

 

筆者紹介

鈴木 邦成

鈴木 邦成 物流エコノミスト・日本大学教授
国際政治経済、国際文化に関する造詣が深く、記事・論文・著作多数。
欧米諸国の地域経済統合の流れを、物流・ロジスティクスの観点から追求している。
国際物流に関するセミナーやロジスティクスに関する講演会での講師歴は多数。

最近のブログ記事
月別アーカイブ
カテゴリー別一覧