鈴木邦成の「物流の視点」

ブログトップへ

在庫管理の高度化

2013年3月10日

高度化する在庫管理


トータル在庫の可視化、削減を視野に入れて、WMS(倉庫管理システム)に物流KPI(重点業績評価指標)管理機能を組み込む動きも強まってきているようです。


たとえば在庫管理については商品別の在庫回転数、在庫回転期間、トータル在庫日数、廃棄処分金額などのデータを自動集計し、リアルタイムで数値化、可視化することで在庫削減への道筋を明確にしていくのです。


分散する在庫情報を一元管理する流れも加速しています。


またリアル店舗とネットショップの在庫管理も連動性を強めています。


そして双方の在庫を一元管理する企業が増えています。


リアルタイムで商品センター、物流センターと店舗の在庫情報を連動させ、サプライチェーン全体のさらなる透明性、可視化を進めているのです。

 

筆者紹介

鈴木 邦成

鈴木 邦成 物流エコノミスト・日本大学准教授
国際政治経済、国際文化に関する造詣が深く、記事・論文・著作多数。
欧米諸国の地域経済統合の流れを、物流・ロジスティクスの観点から追求している。
国際物流に関するセミナーやロジスティクスに関する講演会での講師歴は多数。

最近のブログ記事
月別アーカイブ
カテゴリー別一覧