鈴木邦成の「物流の視点」

ブログトップへ

商品特性と倉庫特性

2013年1月16日

東京大雪


15年ぶりの成人式の大雪で東京の交通機関は完全に麻痺してしまいました。


多くの物流センターが除雪処理などへの対応に追われているようです。


倉庫の種類


高床式か低床式かで、倉庫の用途は大きく異なります。


荷主サイドから考えると、自社の取り扱う商品がどちらに向いているかをしっかり把握することが大切といえるでしょう。


また、天井高、床荷重などについても自社の商品特性を考慮しつつ、倉庫との相性を知ることが重要といえるでしょう。

 

筆者紹介

鈴木 邦成

鈴木 邦成 物流エコノミスト・日本大学准教授
国際政治経済、国際文化に関する造詣が深く、記事・論文・著作多数。
欧米諸国の地域経済統合の流れを、物流・ロジスティクスの観点から追求している。
国際物流に関するセミナーやロジスティクスに関する講演会での講師歴は多数。

最近のブログ記事
月別アーカイブ
カテゴリー別一覧