鈴木邦成の「物流の視点」

ブログトップへ

物流効率化のポイント

2012年4月 1日

新年度のスタート


新年度となり、新たに物流部に配属されたり、物流関係の仕事に従事するようになった方で当ブログを初めてご覧になられる方もいらっしゃるかと存じます。


何卒、よろしくお願い申し上げます。


物流効率化の推進


3月26日に新刊発売致しました、拙著『図解 物流効率化のしくみと実務』(鈴木邦成著、日刊工業新聞社)も書店店頭に並び始めました。


物流効率化を推進するうえで、大切なことの1つに「何をもって物流が効率化されたか」という効率化の尺度をいかに定めるかということがあります。


コスト削減イコール物流効率化の実現ということもありますし、コストでは容易に計れず、何らかの別の尺度が必要になることもあります。


効率化を進めるにあたって、どのようなゴール(目標値)を設定するかということが重要なポイントになってくるわけです。


 

筆者紹介

鈴木 邦成

鈴木 邦成 物流エコノミスト・日本大学准教授
国際政治経済、国際文化に関する造詣が深く、記事・論文・著作多数。
欧米諸国の地域経済統合の流れを、物流・ロジスティクスの観点から追求している。
国際物流に関するセミナーやロジスティクスに関する講演会での講師歴は多数。

最近のブログ記事
月別アーカイブ
カテゴリー別一覧