第10回:アクティビティの作業区分

連載トップへ

第10回:アクティビティの作業区分

2007年3月22日

◆ 作業効率管理における作業区分
ABCはもともと作業効率管理のために開発された技法ではないので、作業管理における作業区分という話はABCにおけるアクティビティ設定というテーマからは少し脱線することになるのだけれど、わりとよく質問されることなので、もう少しこの話を続けることとしたい。

作業効率を管理するうえで、ある一定のレベルで作業をくくり、その範囲の平均値でもって効率の「近似値」をとらまえていくのが必須のことである。どのレベルでくくるかということは管理者の判断であるが、できるレベルでやればよいのである。


ラックピッキングの作業効率管理において、移動距離の違いを正確に反映させた管理をやるとすれば、「ラックピッキング移動」と「ラックピッキング取り出し」というように動作レベルで区分し、ロケーションごとに移動時間を算出して1件1件のピッキングの目標値を設定する。ハンディターミナルで目標時間を1件ごとに作業者に提示できる、さらに、実際にかかった時間を目標と比較して1件ずつ評価することもできるという環境をもつセンターであれば、この管理はかなり有効である。

でも、そこまで区分せずに「ラックピッキング」でくくり、一定の時間内どれだけピッキングできるかというレベルで捉えていこうという管理も、十分、有効である。大切なのは「管理不能=管理不在」ということにならないことである。管理不在に比べれば、ラフなレベルではあっても管理されている方がはるかに優れていることはいうまでもない。(ちなみに、「1ケースずつ7ケース」と「10ケースから3ケース除く」の違いは、およそ、管理上意味を持たない違いであると考えられるが、いかがであろうか?)

※本記事はこれまでに「物流ウィークリー」本紙に掲載したものです。内容は記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
 

筆者紹介

株式会社湯浅コンサルティング 代表取締役
湯浅 和夫氏

湯浅和夫 1946年  埼玉県生まれ
1969年  早稲田大学第一商学部卒業
1971年  同大学大学院商学研究科修士課程修了
1971年  日通総合研究所入社
1996年  同社経営コンサルティング部長
1999年  同社取締役
2001年  同社常務取締役
2004年  3月、同社を退職
2004年  4月、株式会社湯浅コンサルティングを設立し、代表取締役に就任。現在に至る。

関連書籍のご案内

GoogleAD