第5回:顧客別に物流サービスを計算する

連載トップへ

第5回:顧客別に物流サービスを計算する

2007年3月22日

アクティビティ単価が出ると、顧客別のコストが計算できることになる。そして、このことは物流管理上、非常に大きな意味を持つ。物流サービスの管理が、初めて可能になるのである。

物流サービスの管理は、顧客ごとに行う。物流サービスを管理するということは、顧客ごとに利益が出ているかどうかを確認し、利益が出ていないならば改善するということである。

下記の2社の例をみてほしい。納品した個数は100個で同じであるが、コストを計算すると、Xは325円、Yは1,500円と大きな差が生じている。この格差は、物流サービスの差なのである。売上と比較し、利益が出ているかどうか検証すべきである。


※本記事はこれまでに「物流ウィークリー」本紙に掲載したものです。内容は記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
 

筆者紹介

株式会社湯浅コンサルティング 代表取締役
湯浅 和夫氏

湯浅和夫 1946年  埼玉県生まれ
1969年  早稲田大学第一商学部卒業
1971年  同大学大学院商学研究科修士課程修了
1971年  日通総合研究所入社
1996年  同社経営コンサルティング部長
1999年  同社取締役
2001年  同社常務取締役
2004年  3月、同社を退職
2004年  4月、株式会社湯浅コンサルティングを設立し、代表取締役に就任。現在に至る。

関連書籍のご案内

GoogleAD