第28回:サービスの妥当性チェック

連載トップへ

第28回:サービスの妥当性チェック

2007年3月22日

物流ABCを導入して顧客別のコストを計算すると、いま、それぞれの顧客に提供している物流サービスが妥当なものであるか否かをチェックすることができます。

以前にも述べましたように、妥当性をチェックするという場合に唯一の判断基準となるのは「採算」です。コストのかかるサービスを提供していても、これに見合う収益を得られていれば、このサービスは妥当であり、逆に、明らかに利益を食ってしまっている状況であれば、サービスの見直しが必要だということです。


これまでは、顧客別・物流サービス別のコストがわからなかったので、物流サービスの妥当性を検討することはできませんでした。物流サービスが収益悪化の原因だとわかっていたとしても、現実的には、すべてのサービスを許容するよりほか仕方がなかったといえます。物流ABCで顧客別の採算がわかり、どの顧客へどのサービスを見直さなければならないか、個別かつ具体的にわかってはじめて、打つべき手を考えることができるのです。

今週から、実際の算定結果を用いて、顧客別の物流サービス見直すことで利益改善をはかった企業の検討例をみてみましょう。

※本記事はこれまでに「物流ウィークリー」本紙に掲載したものです。内容は記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
 

筆者紹介

株式会社湯浅コンサルティング 代表取締役
湯浅 和夫氏

湯浅和夫 1946年  埼玉県生まれ
1969年  早稲田大学第一商学部卒業
1971年  同大学大学院商学研究科修士課程修了
1971年  日通総合研究所入社
1996年  同社経営コンサルティング部長
1999年  同社取締役
2001年  同社常務取締役
2004年  3月、同社を退職
2004年  4月、株式会社湯浅コンサルティングを設立し、代表取締役に就任。現在に至る。

関連書籍のご案内

GoogleAD