第26回:目的に応じてコスト算出

連載トップへ

第26回:目的に応じてコスト算出

2007年3月22日

アクティビティ単価に処理量をかけることで、いろいろなコストを目的に応じて算出することができます。ここで処理量を「目的別処理量」と呼ぶことがあります。

たとえば、「営業担当者別のコストを出したい」というときに、営業担当者別の処理量を把握して計算すれば、「営業担当者別コスト」を算定することができるのです。おおげさに聞こえるかもしれませんが、このやり方を使うことで、どんなコストでも算出することができます。

アクティビティは、その物流施設で行われている、すべての活動が抽出されているわけですから、あとは目的に応じた処理量を用意することで、自然な計算の結果として、目的に応じたコストが算出されるわけです。


※本記事はこれまでに「物流ウィークリー」本紙に掲載したものです。内容は記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
 

筆者紹介

株式会社湯浅コンサルティング 代表取締役
湯浅 和夫氏

湯浅和夫 1946年  埼玉県生まれ
1969年  早稲田大学第一商学部卒業
1971年  同大学大学院商学研究科修士課程修了
1971年  日通総合研究所入社
1996年  同社経営コンサルティング部長
1999年  同社取締役
2001年  同社常務取締役
2004年  3月、同社を退職
2004年  4月、株式会社湯浅コンサルティングを設立し、代表取締役に就任。現在に至る。

関連書籍のご案内

GoogleAD