第20回:アクティビティ原価を計算する(2)

連載トップへ

第20回:アクティビティ原価を計算する(2)

2007年3月22日

具体的な計算式は、算定シートをみていただくと、一目瞭然であろうと思う。

例示した「アクティビティ原価(人件費)の算定例」のシートは、人件費の配分計算シートの一部である。縦にアクティビティ、横に「社員」「パート・アルバイト(作業)」といった人にかかわる投入要素が並べてある。「社員」の下に月間コストが表示されており、その下には「作業時間計」「配賦率」「配賦金額」と並んでいる。

前回説明したとおり、「配賦率」は作業時間の構成比であり、配賦金額は「月間コスト×配賦率」の式で計算される。

アクティビティ原価の計算とは、各アクティビティに配分された金額の横の合計値を求めるということである。このシートでは人件費だけを取り出して合計している。

例えば、「309荷札貼付」についていうと、社員のコストが3万2033円、パート・アルバイト(作業)のコストが4万9194円、これらを合計した8万1227円が、「荷札貼付」の月間の人件費だということになる。


 

筆者紹介

株式会社湯浅コンサルティング 代表取締役
湯浅 和夫氏

湯浅和夫 1946年  埼玉県生まれ
1969年  早稲田大学第一商学部卒業
1971年  同大学大学院商学研究科修士課程修了
1971年  日通総合研究所入社
1996年  同社経営コンサルティング部長
1999年  同社取締役
2001年  同社常務取締役
2004年  3月、同社を退職
2004年  4月、株式会社湯浅コンサルティングを設立し、代表取締役に就任。現在に至る。

関連書籍のご案内

専門コンテンツ最新記事

デジタコ・ドラレコ・運行管理.com
iso39001運輸安全マネジメント
エコ倉庫.com

GoogleAD