第39回:国慶節で旅行ラッシュ

連載トップへ

第39回:国慶節で旅行ラッシュ

2008年6月 6日

 10月1日は国慶節です。国慶節とは中国の建国記念日で春節、労働節と並ぶ大型連休となっています。

 政府規定によると、今年の国慶節は1日から7日までとなっています。

 国慶節休みの海外旅行先として人気が高いのはタイ、マレーシア、シンガポールをはじめとする東南アジア。国内旅行では北京、成都、九寨溝などとなっています。中でも九寨溝は、とても美しい風景が広がっているそうです。

 ところが、訪れる観光客があまりに多いため、今年の国慶節期間中、初めての入場制限が行われました。


 今年5月の労働節には、九寨溝の入場者数は1日平均3万人。最高受け入れ可能数といわれる1万2000人を大きく上回っており、生態バランスへの悪影響が懸念され、今回の入場制限が導入されました。

 1日数百万元ほどの収入減になりますが、九寨溝保護のために今後も長期休暇時には実施されると言われています。このような入場制限は九寨溝だけでなくチベットのポタラ宮、敦煌莫高窟などでも行われています。

 今後、中国旅行を予定されている方は「せっかく来たのに目的地に入れない」という事態を防ぐため、事前の情報収集をしっかり行う必要がありそうです。

※本記事はこれまでに「物流ウィークリー」本紙に掲載したものです。内容は記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
 

筆者紹介

ストラテジック・デシジョン・イニシアティブ(SDI)
原 慶之氏

原 慶之 ストラテジック・デシジョン・イニシアティブ(SDI)は、中国ビジネスにおけるリサーチ事業とアウトソーシング事業を中心とした中国ビジネスの実働部隊。
多くの企業が、実際に中国ビジネスを行う際に直面する様々な壁を、実際の実働と豊富な情報でバックアップし、顧客企業の中国ビジネスを成功へ導くソリューションを提供。
情報、実働、戦略を通して顧客企業の中国ビジネスをバックアップしている。

関連書籍のご案内

GoogleAD