第38回:ホテルで賑わう華南地区

連載トップへ

第38回:ホテルで賑わう華南地区

2008年5月23日

 最近、日本の友人から「華南地区に遊びに行きたいので、現地情報を教えてほしい」という連絡が増えています。

 少し前までは、こちらから声をかけても「香港には行ったことがあるから・・・」「上海の方が良い」などの返事が多かったのに、一体、華南で何が起きているというのでしょうか。

 彼らの目的は、8月28日にオープンしたマカオの「ベネチアン・リゾート・ホテル・マカオ」に行くことです。
 


 同ホテルは全室スイート、客室総数3000室、350店舗のショッピングモール、40軒を超すレストラン、5万平方メートルという世界最大のカジノスペース、10万平方メートルの会議・展示用施設など、桁違いのリゾート施設となっており、一見の価値は十分にあります。

驚くべきことに、同ホテルの周囲にはシェラトン、シャングリラ、ヒルトンなど、世界の名だたる五つ星ホテル9社が建設されることになっています。

 昨年12月にはカジノ収入でラスベガスを抜き、カジノ売り上げ世界一となったマカオ。日本からの直行便の運行も開始され渡航者は急増しており、「年内には香港への渡航者数を超えるのではないか」という声も聞こえてきます。

 今まで香港旅行のおまけのようだったマカオですが、今後は、さらに魅力的な施設の建設が続き、空路の整備が進み、マカオを主目的とした旅行者が増えることでしょう。

※本記事はこれまでに「物流ウィークリー」本紙に掲載したものです。内容は記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
 

筆者紹介

ストラテジック・デシジョン・イニシアティブ(SDI)
原 慶之氏

原 慶之 ストラテジック・デシジョン・イニシアティブ(SDI)は、中国ビジネスにおけるリサーチ事業とアウトソーシング事業を中心とした中国ビジネスの実働部隊。
多くの企業が、実際に中国ビジネスを行う際に直面する様々な壁を、実際の実働と豊富な情報でバックアップし、顧客企業の中国ビジネスを成功へ導くソリューションを提供。
情報、実働、戦略を通して顧客企業の中国ビジネスをバックアップしている。

関連書籍のご案内

GoogleAD