第19回:「日焼け止めの市場調査」

連載トップへ

第19回:「日焼け止めの市場調査」

2007年3月22日

「この夏は、やっぱり笹もとも忙しかったの?」

「そうね、どうかしら。8月ってだめなのよ、この商売は。だって、皆さんお休みを取られるでしょう。まあ、それでも去年よりは多少違うかしらね」

「そうですか…」

「あっはは、いやだ。大久保ちゃん、どうしたの。急に経営者みたいな心配しちゃって。いくら課長さんになったからって…」

「いや、いや、そうじゃなくて、実は、この夏の異常な暑さ続きでエアコンとかビールとか、夏物商品はどこも異例の売り上げで、物流が振りまわされているんですよ。うちの発売した新しい日焼け止めなんだけど、SPF─50っていうの、これが同じように予想外の売れ行きで夏も終わりだというのに追加生産しようというので議論してきたばかりなんですよ。それでね、飲食業ではどんな具合なのかなと思ったんですよ」


「あら、そう。ごめんなさい、はぐらかしたりして」

女将は、急にあらたまって素直に謝った。そして続けた。

「その、なんとかっていう日焼け止めの話なら、先週の週末に『笹もと』のご常連のゴルフコンペをやったんだけど、そのとき川田さんが、参加した女の子たちから質問責めにあってたわよ。お店に行ってもないって」

「はあ、それで…」

「注文が殺到していて、いま追加生産中だとか言ってたけど。でも、そのあと川田さん、女の子たちに随分いろいろ聞いていて、知り合いにも聞いて来いとか。あれ、川田さんの市場調査だったのかしら」

「いや、遅くなって済まなかった。出掛けに副社長に呼ばれてね」

川田が汗を拭き拭き入って来た。

「あら、申し訳ありません。お迎えできませんで。いらっしゃいませ」

「ああ、何だかしんみり話し込んでいたじゃないか。とりあえずビールをもらおうか」

「いやですわ。お仕事のお話ですよ。ほら、この間の日焼け止めのお話」

そういって、女将は立ち上がった。               

 

筆者紹介

東京ロジスティクス研究所
重田 靖男氏

重田靖男 1941年生まれ。早稲田大学理工学部卒業。
資生堂で、物流開発プロジェクト室長、物流部長、マーケティング本部長を歴任。資生堂物流サービス株式会社社長を経て、株式会社東京ロジスティクス研究所を設立。
現在は顧問として、荷主・物流企業をコンサルティングしている。

【委員】
日本ロジスティクスシステム協会企画開発専門委員長
物流技術管理士資格認定委員および講師
日本物流学会会員

関連書籍のご案内

GoogleAD