第18回:「6時半に『笹もと』で」

連載トップへ

第18回:「6時半に『笹もと』で」

2007年3月22日

川田は相変わらず忙しく飛び回っていたが、夕方5時を回る頃に、たまたま部長席にいた川田に大久保が近寄っていくと、川田から声がかかった。

「大久保君、今夜空いてるかい」

「あ、はい」

「久しぶりに、『笹もと』にでも付き合わないか」

「いいですね。実は私も部長に少し聞いて頂きたいこともありまして…」

「難しい話じゃないだろな。じゃ、6時半に。直接行ってくれ」

「わかりました」


銀座の裏通りは、ぼつぼつ明かりが点き始めたとはいえ、未だ明るい。幾つかの退社組が新橋駅の方へと流れていく一方、これからが仕事のホステスたちが、それとわかる服装ですれ違う。店の前の打ち水は、この暑さでもう乾き始めていた。もう、8月も終わりだというのに連日の夏日である。

ご出勤のホステスたちの放つ香水の臭いが、かえって息苦しさを感じさせる。

「あら、大久保ちゃん。どうしたの? 浮かない顔して。お一人なの?」
門をくぐると、女将が相変わらずの笑顔で迎えてくれた。

「え? そんなに浮かない顔してますか。やだなあ」

「お仕事、お忙しいんでしょう? 新任課長さんはみんな同じよ。あっははは」
女将の開けっぴろげな笑い声に、大久保は自分がからかわれているのだと気がついた。

「川田部長は、まだ来てませんか」

「川田さん、みえるの? そう、それじゃ、お部屋の方がいいかしらね」
「でも、川田部長はいつもカウンターだろ。ここで待ってるよ」

「そうね、じゃ、見えてから。とりあえず、おビールね」

『笹もと』は結構忙しそうだった。

大久保は、女将の注いでくれるのを受けながら、あたりを見回した。  

 

筆者紹介

東京ロジスティクス研究所
重田 靖男氏

重田靖男 1941年生まれ。早稲田大学理工学部卒業。
資生堂で、物流開発プロジェクト室長、物流部長、マーケティング本部長を歴任。資生堂物流サービス株式会社社長を経て、株式会社東京ロジスティクス研究所を設立。
現在は顧問として、荷主・物流企業をコンサルティングしている。

【委員】
日本ロジスティクスシステム協会企画開発専門委員長
物流技術管理士資格認定委員および講師
日本物流学会会員

関連書籍のご案内

専門コンテンツ最新記事

デジタコ・ドラレコ・運行管理.com
iso39001運輸安全マネジメント
エコ倉庫.com

GoogleAD