第1回:「大久保君、ちょっと“笹もと”に寄って行かないか」

連載トップへ

第1回:「大久保君、ちょっと“笹もと”に寄って行かないか」

2007年3月22日

夕方、報告書の作成に目途をつけてホッとしていると、
部長の川田から声をかけられた。

部長は昼間、しばらく役員室に行くといって席を外していたから、また何か注文をつけられて来たかなと思っていながらも、川田からの誘いは嬉しかった。

「あら、いらっしゃいませ。きょうは、お二人で?」

「ああ、どこか部屋が空いてないかな。大事な話があるんだが」

“笹もと”は比較的気軽な小料理屋だが、あらたまった部屋もいくつかあって、接待にも使える。川田が馴染みなので、大久保はじめ物流部の連中もときどき仲間だけで寄ることもある。おかみとも顔馴染みである。


川田が、「部屋を」と言ったので大久保は少し動揺した。

「異動の話かな?」

川田は、いつもはカウンター席である。

部屋に通されると、川田は席に着く前に上着をとってネクタイを緩める。

「大久保、忙しくなりそうだぞ」

と言いながら、着座を促した。

軽くグラスを合わせると、2人とも一気に空けた。

疲れがすーっと落ちていく。

川田は、早速、本題に入った。

「まだ株主総会前だから、外に洩らしてもらっては困るんだが、松川さんが副社長として、経営企画、購買、生産、物流を担当することになる。どうやら、社長は本腰を入れて、ロジスティクス改革に取り組む気になったらしい」

「海外事業担当の松川専務ですか」

「うん」

川田は、大久保の反応も見ないで、さらに続ける。

「ほら、去年、君と一緒にまとめた提案書な、『サプライチェーン改革を目指して』さ、どうも社長の頭にはあれがあるらしい。あのときの役員会では議論百出で、結局、関連部門とよく調整して改めて提案、そのままうやむやになっちゃったんだが・・・」

「ええ」

「社長が、あの提案書に朱書きで自分の意見を入れたものを、松川さんの副社長内定の話のときに、松川さんに直接手渡したというんだ」

「あ、部長、昼間役員室へ行かれたのは松川専務のところでしたか」

「そう。松川さんが、少し早いけど、いろいろ教えて欲しいと言ってね。
だから、こっちもついでに君のことも・・・、いや、これはいずれまた話そう。松川さんも、副社長内定で、すこぶるご機嫌だったよ」

大久保真一、38歳。京浜大学を卒業後、(株)トーホーに入社、
5年ほど第一線の営業マンを経験している。

いまの川田部長が物流企画課長の時代に、プロジェクトの一員として引っ張られてきた。

※本記事はこれまでに「物流ウィークリー」本紙に掲載したものです。内容は記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
 

筆者紹介

東京ロジスティクス研究所
重田 靖男氏

重田靖男 1941年生まれ。早稲田大学理工学部卒業。
資生堂で、物流開発プロジェクト室長、物流部長、マーケティング本部長を歴任。資生堂物流サービス株式会社社長を経て、株式会社東京ロジスティクス研究所を設立。
現在は顧問として、荷主・物流企業をコンサルティングしている。

【委員】
日本ロジスティクスシステム協会企画開発専門委員長
物流技術管理士資格認定委員および講師
日本物流学会会員

関連書籍のご案内

GoogleAD