連載シリーズ

連載トップへ
日本ロジファクトリー・物流ケーススタディ

第189回:勇気ある「ダ・メ・モ・ト」

2009年8月 7日

 ダメでもともと。何かやけっぱちな、また少しネガティブな印象を受ける言葉である。...

第188回:荷主との向き合い方

2009年8月 3日

 物流会社の多くは、荷主とどのように向き合えばよいかを理解できていない。値下げや...

第187回:経営の両輪その4

2009年7月24日

 「社員」と「非正社員、協力会社」の関係も経営の両輪と言えるのではないだろうか。...

第186回:経営の両輪その3

2009年7月16日

 「攻めの経営」と「守りの経営」。これは相対的なテーマとして、よく持ち出されるこ...

第185回:経営の両輪その2

2009年7月10日

 今回は営業と業務運営という両輪について述べていきたいと思う。この両輪のバランス...

第184回:経営の両輪その1

2009年7月 3日

 経営の両輪、それは経営における様々なバランスを示す。そのバランスが保てなくなる...

第183回:衰退はあっという間

2009年6月26日

 先月、ある物流会社の社長が当社を訪れた。この会社は、運賃の値引きはほとんどせず...

第182回:定期的に他社見学を行っているか

2009年6月18日

 物流業界の経営者、管理職は基本的に井の中の蛙である。従って、自分たちがよかれと...

第181回:物流の仕事を好きと言えるか

2009年6月11日

 我々の会社では、コンサルティング業務のほかに、物流専門の人材紹介事業(ロジキャ...

第180回:受け入れられる燃料サーチャージ

2009年6月 4日

 燃料サーチャージ制を導入しようと各社、各団体が躍起になっている。受け入れられる...

第179回:荷主の言い分(4)

2009年5月28日

 「商品事故=物流会社の問題」となってしまっているケースが多い。車両事故ならとも...

第178回:荷主の言い分(3)

2009年5月21日

 荷主は至って、「細分化」すれば、より求める結果に導くことが出来ると思っている。...

第177回:荷主の言い分(2)

2009年5月14日

 「物流業界の営業マンは、大嘘つきどころか詐欺師だ」とクレームをつける、ある食品...

第176回:荷主の言い分(1)

2009年5月 7日

 日本ロジファクトリーは「荷主企業と物流企業の温度差をなくす『物流バンク』を目指...

第175回:現場におけるシステム化の落とし穴

2009年5月 1日

 日本ロジファクトリーは「荷主企業と物流企業の温度差をなくす『物流バンク』を目指...

第174回:思い切って棚をつぶす

2009年4月24日

 改善は時には思い切った行動、突破力が必要になる。今回は、保管棚やラックの功罪に...

第173回:棚にネックレスを

2009年4月16日

 前回に続き、現場改善の具体的な手法をお伝えする。今回はピッキングミスの改善手法...

第172回:フォークリフトにマニキュアを

2009年4月10日

 我々は、現場の商品事故撲滅に向けた改善を行うことが多い。この商品事故は、入荷時...

第171回:無駄業務の見える化

2009年4月 3日

 ムダな業務はイコール非効率業務であり、なくしてしまうことを前提に取り組まなけれ...

第170回:顧客管理業務の見える化

2009年3月27日

 顧客管理というと、すぐに売り上げや利益、訪問回数などでくくってしまう場合が多い...

第169回:安全管理の見える化

2009年3月20日

 安全管理における数値化というと「事故率」を挙げる会社が多い。ここでいう事故率は...

第168回:配車業務の見える化

2009年3月13日

 業務の可視化は、何と言っても「数字」に置きかえていくことが不可欠となる。一般的...

第167回:物流会社の事務所に人はいらない(2)

2009年3月 6日

 私のクライアント先の1つは、事務所スタッフがゼロ。電話はすべて転送され、社長か...

第166回:物流会社の事務所に人はいらない(1)

2009年2月27日

 物流会社の事務所にヒトは要らない。これは極論ではあるが、事務所スタッフにムダが...

第165回:物流会社の事業転換が急務(2)

2009年2月20日

 今回は、後者の「輸出入荷物の獲得」について述べていく。  先日、ある地方の物流...

前の25件 1|2|3|4|5|6|7 次の25件
 

筆者紹介

株式会社日本ロジファクトリー
青木 正一氏

青木正一 1964年11月13日生まれ、京都産業大学経済学部卒。
学生時代に数々のベンチャービジネスを行い、卒業後、ドライバーとして大阪佐川急便入社。1989年株式会社船井総合研究所入社。物流開発チーム・トラックチームチーフを経て、コンサルティングでは対応できない顧客からの要望を事業化するという主旨で1996年“荷主企業と物流企業の温度差をなくす物流バンク”をコンセプトに、物流新業態企業「日本ロジファクトリー」を設立。代表取締役に就任。

 主な事業内容として「現場改善実務コンサルティング」「物流専門人材紹介(ロジキャリアバンク)」「物流情報システム構築サポート(ロジシステムデザイン)」を行なっている。
また、物流業界におけるコンサルタントの養成、人材の採用、育成、M&Aといったプロデュース業務も手掛けている。
最近では、産業再生機構からの要請を受けるなど、「物流再生」に力を入れている。

関連書籍のご案内

専門コンテンツ最新記事

デジタコ・ドラレコ・運行管理.com
iso39001運輸安全マネジメント
エコ倉庫.com

GoogleAD