第32回:マーケティングシステム構築

連載トップへ

第32回:マーケティングシステム構築

2007年12月14日

 今回は、「マーケティングシステムの構築」に焦点を絞り、お伝えします。
 結論から申し上げますと、「どのような荷主企業を、どのような方法で、どのくらい必要なのかを決めること」であります。

 自社のマーケティングシステムが構築されると、実は図1のような公式に当てはめて考えると、年度別の年商規模が予測できるようになるのです。

 もちろん、時流認識から判断して「PUSH型(売りに行く営業)⇒PULL型(買いに来てもらう営業)」のスタイルが望ましいことは言わずもがなですが、PUSH型マーケティングシステムとPULL型マーケティングシステムの項目別の違いをご紹介いたします(図2参照)。

 つまり、物流サービスを売るには、必要なところに必要なモノを売ることが、最も効率的な売り方なのです。

funai515.gif


 

筆者紹介

株式会社船井総研研究所

主なコンサルティング内容は、営業活動支援が主軸である。具体的には営業戦略の立案、新規顧客への営業活動支援、業績向上のための営業組織づくり支援、営業会議の運営支援、営業担当者教育支援などである。

その他の支援メニューとして、荷主企業最適ロジスティクス構築支援、中長期経営戦略策定支援、ISO認証取得支援、人事評価構築支援、ABC分析による業務改善支援などがある。
わかりやすさをモットーにしているため、支援企業からは絶大な信頼がある。

関連書籍のご案内

専門コンテンツ最新記事

デジタコ・ドラレコ・運行管理.com
iso39001運輸安全マネジメント
エコ倉庫.com

GoogleAD