第17回:一番の商品とサービス

連載トップへ

第17回:一番の商品とサービス

2007年3月22日

今回は、本シリーズの最終章として、事業の規模の大小にかかわらず、伸びる会社のポイントをお伝えいたします。

結論から申し上げますと、伸びる会社は【一番の商品・特性】を持っています。また、【組織が一体化】しており、【社員や社風が一流】であるように思います。ここで、一番や一流などのキーワードを聴いて、「うちは大手ではないので、とても無理な話…」と思う方がいらっしゃいますが、中小企業でも考え方と努力次第で何とでもなるのです。ご紹介しました、それら3点について、少し抽象的な表現でお伝えいたしましたので、それぞれについて詳しくご説明させていただきます。


【力相応一番化】

一番の商品・特性というのは、自社の物流サービスの1つが【一番】になっていることを指しています。ご承知のとおり、一番の商品・サービスを持っていると、荷主を固定化しやすくなりますし、また、その一番商品を求める別の荷主からの問い合わせが増えることにもつながります。例えば、日本一高い山は何と聞かれて「富士山」と答えることができますが、2番目に高い山を聞かれて、「北岳」と回答できる人は稀です。

当然、「北岳」に比べ「富士山」に登頂する人が多いのも事実です。それぐらい一番と二番の差はあるのです。ここで、また「うちの会社に日本一のモノ」が無いとあきらめの早い方がいらっしゃるかも知れませんので、更に補足いたしますと【一番化】において、自社の商圏を縮めれば良いのです。例えば弊社の本社は大阪市北区豊崎4丁目にありますが、日本一になるものが無い場合は、大阪一や北区一、更に豊崎一などと、その商圏を縮めていけば良いのです。その一番商品を1つでも多く見出し、また伸ばしていけば良いのです。

 

筆者紹介

株式会社船井総研研究所

主なコンサルティング内容は、営業活動支援が主軸である。具体的には営業戦略の立案、新規顧客への営業活動支援、業績向上のための営業組織づくり支援、営業会議の運営支援、営業担当者教育支援などである。

その他の支援メニューとして、荷主企業最適ロジスティクス構築支援、中長期経営戦略策定支援、ISO認証取得支援、人事評価構築支援、ABC分析による業務改善支援などがある。
わかりやすさをモットーにしているため、支援企業からは絶大な信頼がある。

関連書籍のご案内

専門コンテンツ最新記事

デジタコ・ドラレコ・運行管理.com
iso39001運輸安全マネジメント
エコ倉庫.com

GoogleAD