連載シリーズ

連載トップへ
鈴木邦成「物流フリートーク」

第130回:トヨタ生産方式の真実

2007年4月 6日

 トヨタ生産方式に関連する書籍の出版が相次いでいる。トヨタ生産方式が物流改善に応...

続きを読む: 第130回:トヨタ生産方式の真実

第129回:トレーサビリティの事例

2007年4月 1日

 トレーサビリティの目的は、生産・流通・加工・販売などの履歴を明らかにすることで...

続きを読む: 第129回:トレーサビリティの事例

第128回:物流トレーサビリティ

2007年4月 1日

  トレーサビリティ(追跡可能性)とは、ある物品や活動についての履歴とその使用状...

続きを読む: 第128回:物流トレーサビリティ

第127回:商業集積理論と物流

2007年4月 1日

流通論の中に「商業集積」という考え方がある。商業集積とは一定の場所・地域に小売業...

続きを読む: 第127回:商業集積理論と物流

第126回:「基本流通論」の刊行

2007年4月 1日

 私も共著者として執筆させて頂いた「基本流通論」(実教出版、中田・橋本共編、鈴木...

続きを読む: 第126回:「基本流通論」の刊行

第125回:TMS導入のメリット

2007年4月 1日

TMS(輸送管理システム)導入のメリットとしては物流コストの削減、環境負荷の低減...

続きを読む: 第125回:TMS導入のメリット

第124回:循環型ロジスティクスの構築

2007年3月25日

 物流と環境との関係に注目が集まり、循環型ロジスティクスの構築が業界のホットテー...

続きを読む: 第124回:循環型ロジスティクスの構築

第123回:米国複合一貫輸送対応の都市計画

2007年3月18日

 米国では大規模な都市スプロール(拡張)化を抑制するという視点から、自動車中心の...

続きを読む: 第123回:米国複合一貫輸送対応の都市計画

第122回:生産物流の見直し

2007年3月11日

 松下電器産業が、世界最大の能力を持つプラズマパネルの工場を、1600億円かけて...

続きを読む: 第122回:生産物流の見直し

第121回:絵解き すぐわかる物流のしくみ

2007年3月 4日

 拙著「絵解き すぐわかる物流のしくみ」(日刊工業新聞社)が1月下旬に刊行された...

続きを読む: 第121回:絵解き すぐわかる物流のしくみ

第120回:花王の販社制度に学ぶ

2007年2月25日

 花王の販社制度  多くの日用雑貨品メーカーは、卸売業を通して小売店と取引してい...

続きを読む: 第120回:花王の販社制度に学ぶ

第119回:流通チャネルの種類

2007年2月18日

 メーカーは流通経営に当たり、流通チャネルの設計と管理を行うことになる。メーカー...

続きを読む: 第119回:流通チャネルの種類

第118回:物流における「速度の経済」

2007年2月11日

 リードタイムの徹底的な短縮など、調達から生産、流通、販売にいたる一連の過程をス...

続きを読む: 第118回:物流における「速度の経済」

第117回:発注方法をどうするか

2007年2月 4日

 在庫日数は全在庫量を1日分の平均出荷量で割ることで求められる。近年のSCM重視...

続きを読む: 第117回:発注方法をどうするか

第116回:WMSを利用して物流効率化

2007年1月28日

 「ウエアハウスマネジメントシステム」(WMS)は、SCMにおいて重要な役割を果...

続きを読む: 第116回:WMSを利用して物流効率化

第115回:正しい知識でリフト管理を

2007年1月21日

 物流センター内の作業効率化を推進するためには、フォークリフトをいかに管理してい...

続きを読む: 第115回:正しい知識でリフト管理を

第114回:ドイツポストの躍進と日本の選択

2007年1月14日

 ドイツポストがオランダの郵便企業「メールマージ社」の経営権を取得した。その結果...

続きを読む: 第114回:ドイツポストの躍進と日本の選択

第113回:九州の自動車産業で新局面

2007年1月 7日

 九州における自動車生産は年間100万台に迫ろうとしている。すでに日産自動車の九...

続きを読む: 第113回:九州の自動車産業で新局面

第112回:イオンの躍進

2006年12月31日

 イオンの歴史は、中堅スーパーの岡田屋が関西基盤のスーパー数社を合併し、「ジャス...

続きを読む: 第112回:イオンの躍進

第111回:トコトンやさしい物流戦略

2006年12月24日

 イー・ロジット代表取締役CEOの角井亮一氏の新刊『トコトンやさしい戦略物流』(...

続きを読む: 第111回:トコトンやさしい物流戦略

第110回:第22回 日本物流学会

2006年12月17日

 第22回日本物流学会が流通経済大学新松戸キャンパスで開催された。統一論題は「ロ...

続きを読む: 第110回:第22回 日本物流学会

第109回:SCMとロジスティクスの相違点

2006年12月10日

 米国の経営学者であるクーパーとエルラムは、論文の中でSCMの進展状況を3段階に...

続きを読む: 第109回:SCMとロジスティクスの相違点

第108回:物流不動産事業拡大の背景

2006年12月 3日

 日本では倉庫業(営業倉庫業)は厳しい規制に守られ、倉庫業者の免許を取得すること...

続きを読む: 第108回:物流不動産事業拡大の背景

第107回:SCM概念の誕生と変遷

2006年11月26日

 SCMについて論じた最初の論文は、1982年に米国の経営学者であるオリバーとウ...

続きを読む: 第107回:SCM概念の誕生と変遷

第106回:ロジスティクス最高統括者「CLO」

2006年11月19日

 近年、欧米ではCLO(ロジスティクス最高統括者)が業界の注目を集めている。CL...

続きを読む: 第106回:ロジスティクス最高統括者「CLO」

前の25件 1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11 次の25件
 

筆者紹介

鈴木 邦成氏(すずき・くにのり)

鈴木邦成 物流エコノミスト・日本大学教授
国際政治経済、国際文化に関する造詣が深く、記事・論文・著作多数。
欧米諸国の地域経済統合の流れを、物流・ロジスティクスの観点から追求している。
国際物流に関するセミナーやロジスティクスに関する講演会での講師歴は多数。

関連書籍のご案内

専門コンテンツ最新記事

デジタコ・ドラレコ・運行管理.com
iso39001運輸安全マネジメント
エコ倉庫.com

GoogleAD