第227回:包装適正化と静脈物流の効率化

連載トップへ

第227回:包装適正化と静脈物流の効率化

2009年8月 7日

 物流の五大機能とは輸配送、保管、荷役、流通加工、包装であるが、包装は、他の四機能に比べて軽視される傾向が強かった。しかし、環境戦略などとの関係もあり、包装分野への注目度は大きく上がっている。

 包装、梱包を工夫することで動脈、静脈をトータルで考えた物流ネットワークの構築を進めるうえで、包装・梱包の工夫は、多くのメリットを生み出す。包装は、保管や荷役をムリ、ムダなく行うための重要な物流の機能である。包装を行うことによって、物品の保護や仕分け、区分が容易になる。

 ただし、その半面、工場、物流センター、店舗などへの入荷後には多くの場合、廃棄物として処理されることになる。そこで使用済み段ボールなどの積み替え保管場所を充実させたり、中間処理設備を併設したりすることで静脈物流ネットワークへの連動を円滑化させる。

 さらには包装の機能を維持したうえで、容易に再生利用などが行えるしくみづくりを考えるようにする。例えば、内装箱と外装箱の間を紙、気泡緩衝材で埋めることがある。しかしそれでは、納入先で大量の廃棄物が排出されることになる。けれども内装品箱をPPバンドで固定すれば緩衝材が不要となり、コスト削減にもつながる。

 包装の標準化、梱包業務の簡素化を実現するうえで、高い効果を期待できるツールとして「通い箱」があり、これを導入することで、包装コストの削減と積載効率、保管効率、作業効率の向上と関連経費の節約を推進することが可能になる。


※本記事はこれまでに「物流ウィークリー」本紙に掲載したものです。内容は記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
 

筆者紹介

鈴木 邦成氏(すずき・くにのり)

鈴木邦成 物流エコノミスト・日本大学教授
国際政治経済、国際文化に関する造詣が深く、記事・論文・著作多数。
欧米諸国の地域経済統合の流れを、物流・ロジスティクスの観点から追求している。
国際物流に関するセミナーやロジスティクスに関する講演会での講師歴は多数。

関連書籍のご案内

GoogleAD