第138回:「物流の最新常識 第2版」刊行

連載トップへ

第138回:「物流の最新常識 第2版」刊行

2007年6月28日

 拙著「図解 物流の最新常識」の初版が出版されて五年が経過している。その間、物流とそれを取り巻く社会環境は、同書での指摘の通り劇的な変化を遂げた。この点を考慮し、今回、内容を大幅に改訂した「図解 物流の最新常識 第2版」(日刊工業新聞社)を刊行した。激変する「物流革新」の行方を本書をヒントにし、見定めていただければ幸いである。

 近年、「物流」への注目がこれまで以上に強まる、「物流」が経済の潮流を読む大きなキーワードに浮上している。それを受けて本書では、最新の物流トレンドとグローバル時代に予想される企業戦略としての「ビジネスロジスティクス」を詳細に展望し、かつわかりやすく紹介、解説することを念頭に置いている。


 物流について理解の入り口で足踏みしているビジネスパーソンの立場にたって、社会、ビジネス情勢の推移、動向に照らし合わせながら、具体例をもとに説明することを心がけた。ややこしい理論や抽象論から物流への接近を敬遠されてきた方々も、本書の各トピックを気軽な気持ちで読み進むうちに、知らず知らず「物流のプロ」顔負けの知識を体得されるだろう。

 本書の構成としては、まず第1章でビジネス、社会状況の相関関係から浮上している最新の物流トレンドとその問題点、今後の方向性を紹介する。そしてそのうえで各章でこれらの詳細な解説と、その提案を試みながらアクチュアルなテーマと物流のかかわりについて展望していく。

 本書を読むことで読者各位のビジネスフィールドに物流が自然なかたちでプラスされ、大きく視野が開かれることを願ってやまない。

※本記事はこれまでに「物流ウィークリー」本紙に掲載したものです。内容は記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
 

筆者紹介

鈴木 邦成氏(すずき・くにのり)

鈴木邦成 物流エコノミスト・日本大学教授
国際政治経済、国際文化に関する造詣が深く、記事・論文・著作多数。
欧米諸国の地域経済統合の流れを、物流・ロジスティクスの観点から追求している。
国際物流に関するセミナーやロジスティクスに関する講演会での講師歴は多数。

関連書籍のご案内

GoogleAD