第105回:東欧物流の現状と課題

連載トップへ

第105回:東欧物流の現状と課題

2006年11月12日

 欧州統合の流れの中で、東西欧州間の物流が重要になってきている。しかし、現状では東欧物流には少なくとも、次の4つの大きな課題がある。

 第1の課題は「東欧諸国の物流の諸規制をいかに緩和していくか」ということである。東欧諸国は概して中央集権による国家規制が徹底されている。国有企業も多く、西欧の私企業とのアライアンス(戦略的提携)などに難色を示すケースも多い。しかし東西欧州で物流の規制水準が異なれば、スムーズな「モノの流れ」は不可能となることは言うまでもない。


 第2の課題は物流インフラである。例えば、西欧にはハブ空港、ハブ港湾が複数ある。道路輸送や鉄道輸送、あるいは西欧間の複合一貫輸送にも死角は見当たらない。だが東欧にはハブ空港やハブ港湾と呼べるものが存在しない。日米・東欧間などの輸出入物流はオランダのスキポール空港やロッテルダム港などを経由しなければ、円滑に機能させることは不可能である。

 第3の課題は輸送の安全性である。東欧には民主化の過程で生じた分断国家や紛争地帯も多く、それが東西欧州間の輸送の大きなリスクとなっている。特にトラック輸送では、紛争などのために安全なルートの確保が不可能な地域もある。

 そして第4の課題は「国内流通・物流システムの未成熟」である。例えば、多くの東欧諸国には近代的な巨大スーパーマーケットが、ほとんど存在しない。伝統的小売店やフリーマーケットなどが流通業の中心となっている。最新のロジスティクス・システムを導入したくともIT(情報技術)インフラもSCMインフラも、まだ十分に整っていないのである。

※本記事はこれまでに「物流ウィークリー」本紙に掲載したものです。内容は記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
 

筆者紹介

鈴木 邦成氏(すずき・くにのり)

鈴木邦成 物流エコノミスト・日本大学教授
国際政治経済、国際文化に関する造詣が深く、記事・論文・著作多数。
欧米諸国の地域経済統合の流れを、物流・ロジスティクスの観点から追求している。
国際物流に関するセミナーやロジスティクスに関する講演会での講師歴は多数。

関連書籍のご案内

GoogleAD