第50回:有期契約社員としての採用

連載トップへ

第50回:有期契約社員としての採用

2015年4月 9日

 前回は正社員の「試用期間」についてご案内しましたが、今回はもう一つの採用方法をご案内します。それは、正社員としてではなく、有期契約の社員として採用することです。

 有期契約社員とは、文字通り「契約期間を定めて雇う社員」のことです。従って、個人の能力が高いか低いかに関係なく、原則、期間満了で雇用関係が終了します。契約期間満了後、会社は次の三つの方法から選択することができます。


(1)正社員として採用する(2)もう一度有期契約社員として契約を更新する(3)期間満了で契約を終了するー。契約期間中に適格性に問題がないことを確認できれば、正社員登用への試験を実施し、合格者は(1)に移行します。もう少し様子を見たいなら(2)を選んで有期雇用契約を更新し、不適格と判断すれば(3)を選びます。

 会社が(1)~(3)の判断を行うことになりますが、期間満了時に会社が一方的に通知することはトラブルにつながってしまいます。これを避けるためにも、契約期間中は評価基準の分かる書面を用いて本人とこまめに面談を行い、契約期間中に段階的に評価をしていきましょう。正社員登用の基準が契約社員本人に明らかになり、契約期間満了時にお互いの認識のズレを減らすことができます。

 なお、有期契約社員を雇用する際、重要なポイントがあります。それは、期間ごとに必ず雇用契約書を取り交わすことです。1回契約書を取り交わした後、更新の契約書を取り交わさなければ、実質的に正社員として採用しているとみなされる恐れがあるからです。経営者に雇用契約書の取り付け状況を確認すると、1回目は取り付けたけど、2回目以降は口頭で継続する旨を伝えたのみで、特に書面に残していないという会社が実に多くあります。

 有期契約社員として採用する際は、面倒でも必ず期間ごとに契約書を取り交わすようにしていきましょう。

(保険サービスシステム株式会社・社会保険労務士・馬場栄)

※本記事はこれまでに「物流ウィークリー」本紙に掲載したものです。内容は記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
 

筆者紹介

保険サービスシステム株式会社
馬場 栄氏

馬場栄

保険サービスシステム株式会社 社会保険労務士


年間約300社の経営者の相談・アドバイスを行っている。中小企業の就業規則や残業代など、幅広い労務管理のアドバイスに高い評価を得ている。

GoogleAD