第374回:売上が上がり、人生が転落しました

連載トップへ

第374回:売上が上がり、人生が転落しました

2017年6月26日

 トラック20台以下の運送会社の経営者が「経済的自由、精神的自由、そして、時間の自由」を手に入れるための五つのステップについて話を続けます。


 先週は、「ステップ4、運送業を支える、もう一つの収入源を構築する」について解説しました。今日は、最終のステップ5について話をします。


 ステップ5は、ずばり「投資をする」です。投資とは、お金に働いてもらって、お金を増やすことです。「投資」をビジネスのプロセスに取り入れていくことで、お金をさらに増やすことができます。


 ご存知のとおり、大きな企業のIR情報を見ると、どの企業も必ず投資をしています。一つの事業として「投資」があるわけです。もっと言うと、日本というこの国も、投資によってお金を増やしています。


 人を雇うこともなく、時間がとられることもなく、お金に働かせて、お金を増やすのが投資です。高度成長期の時代には、日本でも政策金利が6%を超えました。ですから、当時は銀行への預金だけで、お金が勝手に増えてくれました。ところが、現在の日本では、預金ではお金はまったく増えません。ですから、投資をすることでお金を増やしていきます。


 「お金を稼ぐ」ことと同時に、「お金を減らさない」行動をして、さらには、「お金を増やす方法」を、同時に学んでいくことが重要だということです。実はこれは、過去の私の反省から気づいたことです。以前の私は、「売り上げの上げ方」だけをお伝えしていました。みんなの悩みは「売り上げが上がっていないこと」であり、売り上げさえ上がれば、みんなハッピーになると思っていたのです。


 ところが、売り上げが上がってハッピーになった人と、ハッピーにならなかった人がいるのです。


 売り上げが上がった結果、自信がついてうれしくなるのは無理もないことだと思います。しかし、それで従業員の給料を大幅に上げ、新車両と借金を増やし、さらには従業員も増加する人がいたのです。そして、あなたも想像できると思いますが、日々のお金の使い方も変わってしまいました。そうです。俗に言う「勘違い」というものです。


 そうなってしまうと、いろいろな問題が次から次へと噴出し、ビジネスがうまくいかなくなります。よく高額の宝くじに当選した人は、その後、転落するという話を聞きますが、一気に売り上げが上がり、たくさんの現金を手にすることで、人生が狂ってしまうこともあるわけです。

※本記事はこれまでに「物流ウィークリー」本紙に掲載したものです。内容は記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
 

過去の連載記事

連載トップへ
 

筆者紹介

高橋久美子の「あなたの会社が儲かっていない本当の理由」
高橋 久美子氏

高橋久美子 規制緩和により、夢大きく独立開業した運送会社の社長たち。その社長さんたちが、規制緩和後の業界環境の変化により、今、とても厳しい状況に立たされています。経営不振の影響によるメンテナンスの不備も懸念され、それが引き起こす悲惨な交通事故も、連日ニュースで報道されています。このような危機的状況を受け、中小規模運送会社の根本的な経営改善と救済を目的として発足したのが、私たち「全国中小規模運送会社 経営改善推進委員会」です。

全国中小規模運送会社 経営改善推進委員会
http://www.handlecover.com/kaizen/index.html

GoogleAD