第369回:幸せな経営者になるための5つのステップ

連載トップへ

第369回:幸せな経営者になるための5つのステップ

2017年5月22日

 あなたも実感していると思いますが、これから業界全体に大きな変化が訪れます。いえ、物流だけに限った問題ではありません。AIの導入により、今後あらゆる業種で大きな変化が訪れることになります。


 また、今はドライバー不足に悩んでいる会社が多いですが、この不足状態は長くは続きません。近い将来は一変して大量に人が余る時代になります。ですから、かなり口をすっぱくして言い続けてきているように、あなたには増車や増員をしないようにしてほしいと心から願っています。


 ただ、誤解してほしくないのですが、もちろん全ての拡大戦略が間違っているという意味ではありません。拡大を目指す方法もあります。最終的に大企業になるという戦略です。上場を目指したい人もいるかもしれません。


 マーケットリーダー、マーケットチャレンジャー、ニッチャー、フォロワーと、市場地位によって、とるべき戦略は違ってきます。


 私がお伝えする方法は、経営資源量が少ない小規模のトラック運送業、具体的にはトラック20台以下の運送会社が、幸せな経営者になるための戦略です。と言っても、幸せは人それぞれです。


 私が提唱しているのは「経済的自由、精神的自由、そして、時間の自由」この三つの自由を手に入れたい経営者向けの戦略です。具体的には、次の五つのステップです。


 1、売り上げを上げる。
 まずは売り上げを上げることが第一歩です。多くの方が、最初は「売り上げを上げたい」という目的で私のところにたどり着きます。


 2、利益率を上げて現金を増やす。
 しかし、ただ売り上げが上がればいいというわけではありません。次のステップで、できるだけ利益率を上げる方法をお伝えしています。これが、運賃を上げる方法や、荷主を選別する方法です。協力会社に走ってもらう方法についても、このステップでお伝えしています。


 実は、この二つのステップまでは、さほど難しくありません。売り上げを上げる。適正運賃を収受する。荷主を選別する。利益率を上げる。そして、会社に現金を残す。ノウハウを実行しさえすれば、実際に、本当に全国のたくさんの実践メンバーが証明してくれています。しかし、本当の問題は、この次の段階です。

※本記事はこれまでに「物流ウィークリー」本紙に掲載したものです。内容は記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
 

過去の連載記事

連載トップへ
 

筆者紹介

高橋久美子の「あなたの会社が儲かっていない本当の理由」
高橋 久美子氏

高橋久美子 規制緩和により、夢大きく独立開業した運送会社の社長たち。その社長さんたちが、規制緩和後の業界環境の変化により、今、とても厳しい状況に立たされています。経営不振の影響によるメンテナンスの不備も懸念され、それが引き起こす悲惨な交通事故も、連日ニュースで報道されています。このような危機的状況を受け、中小規模運送会社の根本的な経営改善と救済を目的として発足したのが、私たち「全国中小規模運送会社 経営改善推進委員会」です。

全国中小規模運送会社 経営改善推進委員会
http://www.handlecover.com/kaizen/index.html

GoogleAD