第390回:クルー体験会に学ぶ

連載トップへ

第390回:クルー体験会に学ぶ

2017年5月 1日

 CMやニュースでご覧になられた方も多いかもしれませんが、マクドナルドが3月15日に全店舗一斉に「クルー体験会」を実施しました。過去最大規模のアルバイト採用キャンペーンで、学生や主婦を中心に全国で5000人以上もの人が参加したと話題になっていました。募集ホームページに記載されていた、当日の実施内容は次のとおりです。


 ①ハンバーガー製造体験、②接客模擬体験、③ドリンク製造体験、④バックヤードツアー、⑤ドライブスルー体験、⑥店舗スタッフと一緒に店舗巡回、清掃や接客の体験、⑦MDS(マックデリバリーサービス)体験、⑧クルールームでのお仕事説明(ニンテンドーDSを使ったトレーニングの体験)、⑨マクドナルドのフードセーフティの説明(手洗いの徹底、資材管理、清掃用具の取り扱い方など)


funaikawa.jpg

 
 仕事内容や職場環境を見て・体験してもらうことで、「自分でもやれそうか」「仕事は楽しそうか」判断してもらい、就労意欲を高めることが狙いでしょう。また、それ以前に、いきなり面接ではなく「体験会」と称することで、まだ応募意欲がそこまで高くない人も来るようになったり、友達と誘い合って参加したりという効果もあるでしょう。


 実際に、体験会に参加された方からは、「アルバイト先として考えたときに、仕事内容を事前に体験できたので不安が減った」「店長や同僚となる他のクルーがどんな人たちか分かって安心した」「トレーニングのやり方が分かって、自分でもできそうだと思えた」というような感想があり、おおむね好評だったようです。


 このように、ドライバーや倉庫作業員の求人でも、いきなり面接するのではなく、まずは体験会・見学会・説明会を通じて、情報を伝えるという手法は、重要性を増してくるでしょう。


(船井総合研究所・河内谷庸高)


☆船井総研が運営する物流ビジネス情報サイト「http://www.ecologi.net


※記事は17年4月の記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

※本記事はこれまでに「物流ウィークリー」本紙に掲載したものです。内容は記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
 

筆者紹介

船井総研:地域一番物流企業のつくり方

船井総研:地域一番物流企業のつくり方 本コーナーでは、船井総合研究所 環境ビジネスコンサルティンググループによる リレー連載を掲載します。

ロジウェブネット http://www.logi-web.net/
エコウェブ http://www.eco-webnet.com/

GoogleAD