第381回:リアル危険予知トレーニング

連載トップへ

第381回:リアル危険予知トレーニング

2017年2月27日

 多くの企業様は、危険予知トレーニングを行っていると思います。同トレーニングは事故を撲滅するために有効な手段で、各社がさまざまな工夫を凝らしています。


 例えば、自社で起きた事故を題材にし、実際の事故の映像で同トレーニングを行うなどです。事故動画を活用することは、感情に訴えかけるので、記憶の定着にとてもよい手法です。


 そして、今回は同トレーニングの中でもっとも効果的な手法をお伝えしたいと思います。それは、実際にその事故が起きた状況を構内や駐車場で再現し、同トレーニングを行うことです。手順としては、次の通りです。


 ①構内でポールやコーンを使い、事故現場を再現
 ②事故がおきる手前でトラックを止め、潜んでいる危険性や、どうしたら事故が回避できるかをディスカッション
 ③安全担当者がポイントを解説
 ④模範的な運転を再現


 実際のトラックを使うことで、よりリアルな同トレーニングができますので、効果は抜群です。ぜひ、安全講習会の際に実践してみてください。


(船井総合研究所・高橋竜二)


☆船井総研が運営する物流ビジネス情報サイト「http://www.ecologi.net


※記事は17年2月の記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

筆者紹介

船井総研:地域一番物流企業のつくり方

船井総研:地域一番物流企業のつくり方 本コーナーでは、船井総合研究所 環境ビジネスコンサルティンググループによる リレー連載を掲載します。

ロジウェブネット http://www.logi-web.net/
エコウェブ http://www.eco-webnet.com/

GoogleAD