第378回:効果的なロールプレイング研修、そのポイント

連載トップへ

第378回:効果的なロールプレイング研修、そのポイント

2017年2月 6日

 特定シチュエーションでのコミュニケーション技術を習得するための研修手段として、最も有効なのは、やはりロールプレイング(以下、ロープレ)でしょう。


 電話取り次ぎから、飛び込み営業、TELアポコール、初回訪問ヒアリング、企画プレゼンテーション、採用面接、部下の個別面談まで、様々なシチュエーションで成果を上げるために、実践的な練習を行うことができます。


 例えば、TELアポコールのロープレでは、アポインター役とターゲット役の2人一組になって、実戦さながらのやりとりを行いますが、双方にとって、多くの気づきが得られる体験となるはずです。


funaihashimotorensai.jpg


 アポインター役は、何とかアポイントを取ろうとする中で、自身の技術レベルを測ることができます。他方、ターゲット役は、受け身の演技をすることによって、相手の感じ方を疑似体験し、今後に生かすことができます。


 実は、ロープレの効果を最大化するポイントは、このターゲット役の感じたことを上手にフィードバックすることなのです。答えではなく、感じたことを伝えます。


 ロープレ研修の最終到達点は、〝その人らしい効果的なコミュニケーションスキルを身に付けること〟です。ですから、主体者は、ロープレを一回するごとに、自身の話した内容を振り返って、よく考えることが重要です。そのためにターゲット役は、「こうすべきだ」という答えを与えてはいけないのです。あくまでも、「こう感じたよ」と伝えるだけです。


 例えば、「もっと簡潔にしゃべった方がいいよ。例えば、あの箇所は...」というようなフィードバックは、NGです。それよりも、「なんとなく、聴いていて、イライラしたよ」と、あくまでもターゲットとして感じたことを述べましょう。そうすることによって、主体者は、自身を振り返って、よく考えることができます。


 効果的なロープレ研修のポイント、それは、ターゲット役が評価、指摘をしないことです。


(船井総合研究所・橋本直行)


☆船井総研が運営する物流ビジネス情報サイト「http://www.ecologi.net


※記事は16年12月の記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

※本記事はこれまでに「物流ウィークリー」本紙に掲載したものです。内容は記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
 

筆者紹介

船井総研:地域一番物流企業のつくり方

船井総研:地域一番物流企業のつくり方 本コーナーでは、船井総合研究所 環境ビジネスコンサルティンググループによる リレー連載を掲載します。

ロジウェブネット http://www.logi-web.net/
エコウェブ http://www.eco-webnet.com/

GoogleAD