第375回:2017年 ドライバー求人のポイント

連載トップへ

第375回:2017年 ドライバー求人のポイント

2017年1月16日

 本シリーズでも何度か提案しましたが、ドライバー不足の今の時代に、ドライバーを増員し、しっかり業績を伸ばしていくためには、採用強化型コーポレートサイトの開設と、会社説明会の開催の二つを行うのが正解です。


 採用強化型コーポレートサイトとは、求職者が知りたい情報を伝えることを開設趣旨とし、インディードやキャリアジェットなどの求人情報検索エンジンへのSEM(検索エンジンマーケティング)を最重要視した設計になっているホームページです。


 会社説明会とは、ご承知のとおり、運送業界、トラックドライバーという職種、会社の内容、職務内容に興味のある人を集めて、もろもろ説明し、体験していただくイベントです。現在求職中の人だけではなく、将来的に転職活動をするかもしれない潜在的志望者とも接点が持てるというメリットがあります。また、入社にあたっての納得性がアップするため、早期の離職率が下がります。


funaihashimotorensai.jpg


 ただし、団塊ジュニアの大半が40代後半に入り、求人競争がさらに激しくなる今年は、これらについて、さらに掘り下げた展開が求められます。ターゲットの絞り込みです。20代向け、50代向け、女性向け、未経験者向け、免許未取得者向け、入寮希望者向けなど、募集職種のターゲット属性を絞り込んだ求人策を施すことで、効果を高めていくのです。


 具体的には、HP内には、ターゲット別の訴求ページを作成すべきです。また、会社説明会は、ターゲット別に開催しましょう。なぜなら、属性ごとに気になること、知りたいことが違うからです。昨年、弊社会員企業のS運輸様で行った会社説明会のアンケートには、「男性の参加者がいたので、本当に聞きたいことが聞けなかった」という女性の参加者からのご意見がありました。他の属性でも、同様のことがあるはずです。


 ぜひ、早々と絞り込み展開を行って、ライバルを出し抜いてください。


 なお、来る1月27日(金)に、物流企業の人材採用をはじめ、今年採るべき方向性を提言する「物流革新セミナー」を弊社東京本社(JR東京駅から徒歩1分)で行います。ゲストには、ヤマトホールディングス代表取締役会長の木川眞様をお迎えし、今必要な変革のリーダーシップについてご講演いただきます。時流をつかんで、今年、さらに飛躍したい経営トップ・幹部の方は、ぜひ、ご参加ください。(〝第9回物流革新セミナー〟で検索)


(船井総合研究所・橋本直行)


☆船井総研が運営する物流ビジネス情報サイト「http://www.ecologi.net


※記事は16年12月の記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

※本記事はこれまでに「物流ウィークリー」本紙に掲載したものです。内容は記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
 

筆者紹介

船井総研:地域一番物流企業のつくり方

船井総研:地域一番物流企業のつくり方 本コーナーでは、船井総合研究所 環境ビジネスコンサルティンググループによる リレー連載を掲載します。

ロジウェブネット http://www.logi-web.net/
エコウェブ http://www.eco-webnet.com/

GoogleAD