第351回:非金銭的報酬の種類

連載トップへ

第351回:非金銭的報酬の種類

2016年6月20日

 報酬には2種類あり、金銭的報酬と非金銭的報酬に分けられます。金銭的報酬とはその名のとおり給与や賞与のことで、非金銭的報酬はそれ以外の福利厚生ややりがい、働きやすさなどのことです。


 近年は、ワークライフバランスという言葉が浸透しているように、金銭的報酬が一番の指標で会社を選ぶ人が少なくなってきているといわれています。今の時代、採用も定着も、非金銭的報酬の内容に大きく左右されるようになってきています。実際に、求人広告のキャッチコピーも、そのようなキーワードを入れた方が、反響率が上がります。


 では、非金銭的報酬を打ち出すとして、どのような内容があるのでしょうか。株式会社クオリティ・オブ・ライフ 代表の原氏は非金銭的報酬を次の6パターンに分類されています。


funaikawa.jpg


 ①企業型②職場型③仕事型④処遇型⑤成長型⑥生活型


 企業型とは、企業規模や業界地位、業績、経営ビジョン、経営者の魅力などがそれに当たります。


 職場型は、職場の雰囲気や仲間との関係性、社風のこと。


 仕事型は、仕事自体の魅力ややりがい、お客様との関係性などです。


 処遇型は、待遇のよさや評価のあり方。


 成長型は、育成の仕組みや挑戦する機会など自己成長できる実感。


 生活型は、プライベート時間の充実や家族からの評価・応援のことを、それぞれ指しています。


 これらの分類は、求職者に対する自社の訴求ポイントをまとめる上で、有効な切り口ではないでしょうか。ぜひ、参考にしていただければと思います。


(船井総合研究所・河内谷庸高)


☆船井総研が運営する物流ビジネス情報サイト「http://www.ecologi.net


※記事は16年5月の記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

筆者紹介

船井総研:地域一番物流企業のつくり方

船井総研:地域一番物流企業のつくり方 本コーナーでは、船井総合研究所 環境ビジネスコンサルティンググループによる リレー連載を掲載します。

ロジウェブネット http://www.logi-web.net/
エコウェブ http://www.eco-webnet.com/

GoogleAD