【NEXCO東日本・どら弁当(12)】福島おこわむすび弁当

連載トップへ

【NEXCO東日本・どら弁当(12)】福島おこわむすび弁当

2013年9月17日

 福島の復興を応援しつつ楽しめるよう、福島の食材をいっぱいに詰め込んだ満腹弁当。 おむすびには、ねばりが強く、もち米の王様ともいわれる福島県産「こがねもち」を使用。味は、ごぼう・人参・油揚げと切り昆布を一緒に炊き込んだ「味おこわ」と、金時豆の入った桜色の「さくらおこわ」の2種類。


090521.jpg

 おかずの「三角油揚げのサラダコロッケ」は、地元三春町の名物「三角揚げ」のサクサクとした食感と、まろやかなポテトサラダがマッチした一品。夏場にはポテトに代わり、地元のブランド鶏「伊達鶏」のミンチを詰め込む。


 肉団子揚げの「とん玉」には、福島県産のブランド豚「エゴマ豚」を使用。つけ合わせやデザートにもこだわり、故郷の手料理を意識したお弁当に仕上がっている。


 容器には、天然素材の〝い草〟を使用。会津塗のフォークが添えられており、食べた記念にぜひ持ち帰りたい。


 【価格】760円(税込み)
 【販売箇所】東北道・安達太良SA(上下線)
 ※土・日・祝日のみ販売、なくなり次第終了

※本記事はこれまでに「物流ウィークリー」本紙に掲載したものです。内容は記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
 

過去の連載記事

連載トップへ
 

筆者紹介

株式会社物流産業新聞社

どら弁当
全国を走るトラックドライバーの皆様に、美味しい情報をお届けします。

GoogleAD