【NEXCO東日本・どら弁当(4)】杜仲茶ポーク味噌漬弁当

連載トップへ

【NEXCO東日本・どら弁当(4)】杜仲茶ポーク味噌漬弁当

2013年7月23日

 メインメニューである「豚肉の味噌漬け」は、ブランド豚の「杜仲茶ポーク」を使用。地元八幡平市で、杜仲茶の微粉末を飼料に混ぜて育てたこの肉は、臭みがなく、焼いても煮込んでも柔らかく、かつ甘みのある肉質が特徴だ。

 また、肉を漬け込んだ味噌には、「杜仲茶ポーク」の肩ロース肉にあうように、試行錯誤のうえ調合した味噌を使用。豆板醤の辛味を加え、ご飯によく合う味付けに仕上がっている。ご飯とお肉の間には岩手県産の「きんぴらごぼう」が挟み込まれ、食感のアクセントにもなっている。


4_400_001.jpg

 ご飯は、東北の代表的な銘柄米「あきたこまち」を使用。副菜の岩手県産ほうれん草のソテーがお弁当に彩りを添える。

 なお、このどら弁当には、岩手の食材を消費することによる復興応援の気持ちも込められている。

【価格】950円(税込)
【販売箇所】東北道・岩手山SA(上下線)※土・日・祝日のみの販売、なくなり次第終了

※本記事はこれまでに「物流ウィークリー」本紙に掲載したものです。内容は記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
 

過去の連載記事

連載トップへ
 

筆者紹介

株式会社物流産業新聞社

どら弁当
全国を走るトラックドライバーの皆様に、美味しい情報をお届けします。

GoogleAD