連載シリーズ

連載トップへ
八起会・倒産110番

第200回:最後の切り札

2008年12月19日

 ひと晩中考えたが、妙案は浮かばなかった。私は最後の手段に訴えざるを得なかった。...

続きを読む: 第200回:最後の切り札

第199回:自殺者との面談

2008年12月12日

 電話の相手は九州で金属プレスの加工業を営むTさんである。  「もしもし、本当の...

続きを読む: 第199回:自殺者との面談

第198回:奇妙な電話

2008年12月 5日

 景気は「いざなぎ」を超えたという。が、いまも倒産件数は年間1万3000件超と、...

続きを読む: 第198回:奇妙な電話

第197回:最高の瞬間

2008年11月28日

 Aさんは水を得た魚のごとく、まっしぐらに便利屋人生を突き進んでいく。やがて収入...

続きを読む: 第197回:最高の瞬間

第196回:湧き上がる感動

2008年11月21日

 Aさんの仕事はなかなか見つからなかった。そんなある日、テレビで「便利屋」という...

続きを読む: 第196回:湧き上がる感動

第195回:恨みからの解放

2008年11月14日

 Aさんの夜の散歩が続く。そんなある日、奥さんがAさんの上着の内ポケットからサバ...

続きを読む: 第195回:恨みからの解放

第194回:奮い立つ復讐心

2008年11月 7日

 営業すればするほど赤字と借金がかさんでいくなかで、Aさんは来る日も来る日も資金...

続きを読む: 第194回:奮い立つ復讐心

第193回:自縄自縛のワナ

2008年10月31日

 平成が深まりゆくにつれ、順風満帆だったAさんのベビー用品にも陰りが生じていく。...

続きを読む: 第193回:自縄自縛のワナ

第192回:バブル経済に躍る

2008年10月24日

 八起会の再起道場のスローガンは「形の再起より心の再起」である。自分の失敗を真摯...

続きを読む: 第192回:バブル経済に躍る

第191回:変わりゆく運命

2008年10月17日

 Mさんのその後を追ってみよう。真面目に働き、毎月奥さんに仕送りし、八起会の例会...

続きを読む: 第191回:変わりゆく運命

第190回:必死の説得

2008年10月10日

 その後、Mさんはよく事務所へ顔を見せるようになった。雨天で仕事のないときなどは...

続きを読む: 第190回:必死の説得

第189回:15万円の重み

2008年10月 3日

 それから2、3か月、Mさんは姿を見せなかった。「どうしているのかな」と気になり...

続きを読む: 第189回:15万円の重み

第188回:仕事に必要な「心」

2008年9月26日

 またひと月ばかり経ったある日、Mさんがやってきた。  「会長、毎日が辛くてたま...

続きを読む: 第188回:仕事に必要な「心」

第187回:肉体労働からのスタート

2008年9月19日

 Mさんの心は、かなり歪んでいた。私はそのことを本人に自覚させるところから始めな...

続きを読む: 第187回:肉体労働からのスタート

第186回:地元名士の夜逃げ

2008年9月12日

 数年前のことである。広島県で商事会社を経営していたという40歳前後の社長が夜逃...

続きを読む: 第186回:地元名士の夜逃げ

第185回:先見力と対応力を強化

2008年9月 5日

 Nさんの苦境は続く。熾烈な過当競争から売り上げが激減していくなかで、店舗を拡大...

続きを読む: 第185回:先見力と対応力を強化

第184回:ライバル出現で売り上げ激減

2008年8月29日

 Nさんは29歳のとき脱サラし、昭和26年、習志野市内に10坪ほどの書籍・文具店...

続きを読む: 第184回:ライバル出現で売り上げ激減

第183回:経営者に問われる先見力

2008年8月22日

 会社は潰れるようにできている。それを潰さないように乗り切っていくのが経営手腕で...

続きを読む: 第183回:経営者に問われる先見力

第182回:店員になり3年後、経営者に返り咲き

2008年8月15日

 倒産を余儀なくされ、一文なしとなったTさんは、その後、懸命に働いた。自分はスー...

続きを読む: 第182回:店員になり3年後、経営者に返り咲き

第181回:倒産で抱く解放感

2008年8月 8日

 Tさんは、ほかの事業へ転進をはかるべく、店舗の売却に動き出した。が、皮肉なこと...

続きを読む: 第181回:倒産で抱く解放感

第180回:大手との生存競争

2008年8月 1日

 最初に現れたライバルは、近くの衣料品中心の大型スーパーである。Tさんの食料品ス...

続きを読む: 第180回:大手との生存競争

第179回:出店後も順風満帆

2008年7月25日

 Tさんが「商売にならない地区」で成功したことは、たちまちスーパー業界の評判を呼...

続きを読む: 第179回:出店後も順風満帆

第178回:保証金不要で出店

2008年7月18日

 経営は難しい。とりわけ逆境のときに手腕が問われる。諦めが早くても回復の機を失う...

続きを読む: 第178回:保証金不要で出店

第177回:倒産を恥とせず

2008年7月11日

 この数年、八起会は1つのテーマを1年間、シリーズで追いかける勉強会を開いている...

続きを読む: 第177回:倒産を恥とせず

第176回:徳に隣りあり

2008年7月 4日

 倒産を余儀なくされ、長年の努力が水泡に帰したのちも、Kさんは誰を恨むでもなく、...

続きを読む: 第176回:徳に隣りあり

前の25件 4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14 次の25件
 

筆者紹介

八起会 会長
株式会社ノグチプランニング 代表取締役 野口 誠一
電話番号:03-3835-9510(倒産110番) 
HP: http://yaoki.html.xdomain.jp/ 

野口 誠一 昭和5年 東京生まれ、日本大学卒業。
昭和31年 25歳で玩具メーカーを設立し、従業員5名・月商150万円でスタート。
わずか5年で従業員100人・年商12億円を売り上げるまでに成長させる。
しかし、ドルショックと放漫経営がたたり、昭和52年に倒産。自宅や工場などの全資産を処分して負債を処理し、会社を畳む。
翌53年、倒産経験者同士が助け合う倒産者の会設立を呼び掛け、『八起会』を設立。
弁護士や税理士、再起に成功した会員らが無料で電話相談に乗る『倒産110番』を開設。
再起・整理などの実務的なアドバイスや経験談を交えた人生相談を無料で奉仕している。
昭和59年 株式会社ノグチプランニングを設立し、再起をはかり、執筆活動や全国各地で講演活動を展開している。
平成28年2月18日 東京都内の病院にて逝去、享年85歳。

関連書籍のご案内

GoogleAD