連載シリーズ

連載トップへ
八起会・倒産110番

第324回:夜の公園であいさつの練習

2011年10月24日

 一事が万事、私は「行ってきます」も「おはようございます」も、ろくに言えないばか...

続きを読む: 第324回:夜の公園であいさつの練習

第323回:鉛のような足をひきずり

2011年10月13日

 私が新聞の求人欄で見つけて採用された会社は、都内のフィルム現像所だった。仕事の...

続きを読む: 第323回:鉛のような足をひきずり

第322回:会の運営でてんてこ舞いに

2011年10月 6日

 はじめての試みということで、「八起会」は大きな反響を呼んだ。いきがかり上、「会...

続きを読む: 第322回:会の運営でてんてこ舞いに

第321回:倒産経験生かし社会貢献へ

2011年9月29日

 一 自分たちの倒産体験を生かし、倒産しそうな経営者たちの相談に応ずる。  二 ...

続きを読む: 第321回:倒産経験生かし社会貢献へ

第320回:読売新聞が紹介、「八起会」結成

2011年9月22日

 前回に続いて、私が読売新聞の記者に提示した五つの「基本方針」だが、残る二つは次...

続きを読む: 第320回:読売新聞が紹介、「八起会」結成

第319回:検討重ねた5つの基本方針

2011年9月15日

 私は自分の倒産体験を正直に綴り、倒産者の孤独、自殺者の絶望を率直に訴え、読売新...

続きを読む: 第319回:検討重ねた5つの基本方針

第318回:新聞記事から拾った希望

2011年9月 8日

 私の「新聞を隅から隅まで読む」日課は、しばらく続いた。そんなある日、自殺に関す...

続きを読む: 第318回:新聞記事から拾った希望

第317回:日本経済 最大の転換点

2011年9月 1日

年表で1978年(昭和53年)を見ると、次のような項目が並ぶ。  ・3月の完全失...

続きを読む: 第317回:日本経済 最大の転換点

第316回:命を救ってくれた日課

2011年8月25日

 倒産は経営上の破綻にすぎない。犯罪でもなければ、無限の責任を負わねばならないこ...

続きを読む: 第316回:命を救ってくれた日課

第315回:家内の笑顔に涙あふれる

2011年8月18日

 家内がデパートのパートに出たばかりの頃、よく夜中に足をさすっていた。慣れない立...

続きを読む: 第315回:家内の笑顔に涙あふれる

第314回:「孤独地獄」は危険な季節

2011年8月11日

 前回、倒産者を3段階にわたって襲う「放心」「虚脱」「孤独」の3症状を紹介したが...

続きを読む: 第314回:「孤独地獄」は危険な季節

第313回:「倒産病」3段階の症状

2011年8月 4日

 私の倒産で家族の運命は狂ってしまったが、それでもそれぞれに新しい人生を歩みはじ...

続きを読む: 第313回:「倒産病」3段階の症状

第312回:身にしみる家族の存在

2011年7月28日

 悪いときには悪いことが重なるもの。私が倒産したとき、長男は大学進学を、次女は高...

続きを読む: 第312回:身にしみる家族の存在

第311回:6畳2間のアパート暮らしへ

2011年7月21日

 昭和52年、私は倒産の腹を固め、整理に入った。子どもの数だけあった家、土地、家...

続きを読む: 第311回:6畳2間のアパート暮らしへ

第310回:不況は経営者を育てる

2011年7月14日

 さすがに極楽トンボの私も、目の前に「倒産」の2文字がチラつきはじめた。眠れない...

続きを読む: 第310回:不況は経営者を育てる

第309回:錆びついた経営センス

2011年7月 7日

 市場の嗜好やパイの大きさを知らずして、「つくれば売れる」「売れるからつくる」と...

続きを読む: 第309回:錆びついた経営センス

第308回:経営者の人間性を蝕む放蕩

2011年6月30日

 中小企業は、経営者の成長に比例して成長していく。大企業は時と金をたっぷりかけて...

続きを読む: 第308回:経営者の人間性を蝕む放蕩

第307回:倒産者の大半は社長未満

2011年6月23日

 「自分に限っては倒産するはずがない」──。これは倒産者に共通する心理である。追...

続きを読む: 第307回:倒産者の大半は社長未満

第306回:歌を忘れたカナリア

2011年6月16日

 私は昭和31年に創業し、52年に倒産するまで足かけ22年間、社長の座にあった。...

続きを読む: 第306回:歌を忘れたカナリア

第305回:ニセ名刺で企業秘密を獲得

2011年6月 9日

 窮すれば通ずというが、私の案じた一計はただの悪知恵にすぎなかった。さっそく「日...

続きを読む: 第305回:ニセ名刺で企業秘密を獲得

第304回:「長靴工場」に産業スパイ

2011年6月 2日

 私は東京生まれだが、戦時中は千葉県に疎開し、そこで高校を卒業した。さんざん親に...

続きを読む: 第304回:「長靴工場」に産業スパイ

第303回:高慢・過信にとりつかれて

2011年5月27日

 私の放蕩は際限もなくエスカレートしていった。「呑む」「打つ」「買う」に「芸事狂...

続きを読む: 第303回:高慢・過信にとりつかれて

第302回:放蕩地獄が末期症状に...

2011年5月20日

 あわれと言うべきか、自業自得と言うべきか、私のはまった放蕩地獄は「呑む」「打つ...

続きを読む: 第302回:放蕩地獄が末期症状に...

第301回:「買う」方面でも常軌を逸して

2011年5月13日

 恥ずかしい話だが、私は「買う」の方面でも人後に落ちなかった。というより、常軌を...

続きを読む: 第301回:「買う」方面でも常軌を逸して

第300回:競輪と競馬場に通いつめ

2011年5月 6日

 やがて私は夜の帝王だけでなく、昼の帝王にまで堕落していく。会社の金を鷲づかみに...

続きを読む: 第300回:競輪と競馬場に通いつめ

前の25件 1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11 次の25件
 

筆者紹介

八起会 会長
株式会社ノグチプランニング 代表取締役 野口 誠一
電話番号:03-3835-9510(倒産110番) 
HP: http://yaoki.html.xdomain.jp/ 

野口 誠一 昭和5年 東京生まれ、日本大学卒業。
昭和31年 25歳で玩具メーカーを設立し、従業員5名・月商150万円でスタート。
わずか5年で従業員100人・年商12億円を売り上げるまでに成長させる。
しかし、ドルショックと放漫経営がたたり、昭和52年に倒産。自宅や工場などの全資産を処分して負債を処理し、会社を畳む。
翌53年、倒産経験者同士が助け合う倒産者の会設立を呼び掛け、『八起会』を設立。
弁護士や税理士、再起に成功した会員らが無料で電話相談に乗る『倒産110番』を開設。
再起・整理などの実務的なアドバイスや経験談を交えた人生相談を無料で奉仕している。
昭和59年 株式会社ノグチプランニングを設立し、再起をはかり、執筆活動や全国各地で講演活動を展開している。
平成28年2月18日 東京都内の病院にて逝去、享年85歳。

関連書籍のご案内

GoogleAD