連載シリーズ

連載トップへ
八起会・倒産110番

第175回:バブル崩壊の余波

2008年6月27日

 Kさんを襲った2つ目の「まさか」も、思わぬ方向から飛んできた。  長年、同業と...

続きを読む: 第175回:バブル崩壊の余波

第174回:「まさか」の直撃

2008年6月20日

 Kさんは八起会の最長老会員である。昭和4年生まれの77歳だが、いまも金沢で印刷...

続きを読む: 第174回:「まさか」の直撃

第173回:夫婦愛と家族力

2008年6月13日

 その後、Sさんは奥さんに促されて債権者の一人ひとりを訪ね、謝罪してまわった。あ...

続きを読む: 第173回:夫婦愛と家族力

第172回:生き続ける決意

2008年6月 6日

 「自殺する」そう決心したとたん、Sさんの心は軽くなり、余裕が生まれた。その後も...

続きを読む: 第172回:生き続ける決意

第171回:開発事業で資産激減

2008年5月30日

 平成4年、Sさんは長年務めた中堅不動産会社の役員を辞し、自前の不動産会社を立ち...

続きを読む: 第171回:開発事業で資産激減

第170回:NHK取材に躊躇

2008年5月23日

 平成16年、NHK教育テレビの「ETV特集」で、1時間半にわたって「生きてこそ...

続きを読む: 第170回:NHK取材に躊躇

第169回:「人儲け」の実力発揮

2008年5月16日

 Kさんが弁護士を頼ったのは夜逃げから3か月後のことである。「すぐに破産手続きだ...

続きを読む: 第169回:「人儲け」の実力発揮

第168回:大手の攻勢で倒産

2008年5月 9日

 A電気は系列販売店から、ひそかにKさんのノウハウを聞き出し、そっくり同じデータ...

続きを読む: 第168回:大手の攻勢で倒産

第167回:ニュービジネスの成功

2008年5月 2日

 昭和54年、Kさんはついに念願のコンピューター情報処理会社「エス・アイ・エス」...

続きを読む: 第167回:ニュービジネスの成功

第166回:ITビジネスに光明

2008年4月25日

 Kさんは梱包機メーカーに3年、世話になった。その間、ニュービジネスのアイデアと...

続きを読む: 第166回:ITビジネスに光明

第165回:信義守り会社を退く

2008年4月18日

 私は常々、「金儲けより人儲けが大事」と説いている。人との出会いを大切にし、誠実...

続きを読む: 第165回:信義守り会社を退く

第164回:ウナギのビジネス

2008年4月11日

 人間万事塞翁が馬である。どこでどう運命が変わるか誰にもわからない。以下はHさん...

続きを読む: 第164回:ウナギのビジネス

第163回:収入なく読書の日々

2008年4月 4日

 Hさんの誤算は奥さんだった。浜松にアパートを借りて家族を呼び寄せようとしたとこ...

続きを読む: 第163回:収入なく読書の日々

第162回:35億円の貸しはがし

2008年3月28日

 ハンコを捺すだけで預金残高が億単位で増えていく。となれば、Hさんの金銭感覚が麻...

続きを読む: 第162回:35億円の貸しはがし

第161回:加熱する土地バブル

2008年3月21日

 いったん付き合ったが最後、銀行は臆面もなく押しかけてくる。Hさんもそのペースに...

続きを読む: 第161回:加熱する土地バブル

第160回:狂った不動産バブル

2008年3月14日

 Hさんは昭和61年、40歳で大手不動産会社を脱サラし、念願だった自前の不動産会...

続きを読む: 第160回:狂った不動産バブル

第159回:バブル後の拝金主義

2008年3月 7日

 企業不祥事が後を絶たない。というより、雨後のタケノコも同然である。しかも、だん...

続きを読む: 第159回:バブル後の拝金主義

第158回:原点からのスタート

2008年2月29日

 ──経営は人生のすべてではない。人生という大きな「円」に比べれば、経営など、そ...

続きを読む: 第158回:原点からのスタート

第157回:資産押さえられ逃亡

2008年2月22日

 地価の下落によって土地本位制が崩壊し、土地が担保能力を失うにつれ、Fさんの肩に...

続きを読む: 第157回:資産押さえられ逃亡

第156回:多角化路線が裏目に

2008年2月15日

 すさまじいバブルだった。地価も株価も天井知らずに急騰していく。「バブルだ。気を...

続きを読む: 第156回:多角化路線が裏目に

第155回:事業成功で急拡大

2008年2月 8日

 美容サロンの成功に自信を深めたFさんは、いつしかチェーン展開を考えるようになっ...

続きを読む: 第155回:事業成功で急拡大

第154回:美容サロンの大成功

2008年2月 1日

 Fさんは、いわゆる苦学生だった。東北の片田舎から上京し、赤ちょうちんでアルバイ...

続きを読む: 第154回:美容サロンの大成功

第153回:技術生かし再スタート

2008年1月25日

 結局、Eさんの経営は10年でピリオドを打った。負債七億円、資産の4億円はすべて...

続きを読む: 第153回:技術生かし再スタート

第152回:倒産の原因と反省点

2008年1月18日

 悪いときには悪いことが重なるもの、経済環境もEさんに味方しなかった。いよいよバ...

続きを読む: 第152回:倒産の原因と反省点

第151回:資材部長の不正行為

2008年1月11日

 最初に白アリがはびこったのは資材部である。材料の仕入れが異常に膨らんでいく。つ...

続きを読む: 第151回:資材部長の不正行為

前の25件 5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15 次の25件
 

筆者紹介

八起会 会長
株式会社ノグチプランニング 代表取締役 野口 誠一
電話番号:03-3835-9510(倒産110番) 
HP: http://yaoki.html.xdomain.jp/ 

野口 誠一 昭和5年 東京生まれ、日本大学卒業。
昭和31年 25歳で玩具メーカーを設立し、従業員5名・月商150万円でスタート。
わずか5年で従業員100人・年商12億円を売り上げるまでに成長させる。
しかし、ドルショックと放漫経営がたたり、昭和52年に倒産。自宅や工場などの全資産を処分して負債を処理し、会社を畳む。
翌53年、倒産経験者同士が助け合う倒産者の会設立を呼び掛け、『八起会』を設立。
弁護士や税理士、再起に成功した会員らが無料で電話相談に乗る『倒産110番』を開設。
再起・整理などの実務的なアドバイスや経験談を交えた人生相談を無料で奉仕している。
昭和59年 株式会社ノグチプランニングを設立し、再起をはかり、執筆活動や全国各地で講演活動を展開している。
平成28年2月18日 東京都内の病院にて逝去、享年85歳。

関連書籍のご案内

GoogleAD