物流マンのための物流用語集

NLC-ALC-FLC 【 えぬえるしー・えーえるしー・えふえるしー 】

大手医薬品卸である株式会社メディセオが考案した中間流通モデル。病院向け医薬品配送について、サービスレベルを上げながらコストを下げる方法論として、次のような取り組みを考案した。

1.NLC(ナショナル・ロジスティクス・センター) →郊外に立地し、仕入メリットを最大化するための大ロット入荷・大量在庫保管を目的とした物流センター。

2.ALC(エリア・ロジスティクス・センター) →顧客が多数存在する大都市または至近に立地し、フルラインピッキングの上、顧客に一括で定期直送出荷を行うことを目的とした物流センター。

3.FLC(フロント・ロジスティクス・センター) →顧客である病医院の至近にあり、緊急出荷や多頻度納品に対応できる小型の物流センター。

従来、新薬メーカーの高額商品を中心に扱っていた医薬品流通が、ジェネリック医薬品のような、廉価で大量商品流通が増加してくることに対応し、大量流通品をNLCで受け、FLCに横持ちをかけながら、自社MS(営業兼配送員)ではない、配送専門員による定期多頻度配送によって商物分離を実現することで、配送品質・サービスレベルの向上と、コスト削減を両立するコンセプトで考案された。


【提供元:物流解決ねっと

 

【 N 行】その他の物流用語

 
 

GoogleAD