物流マンのための物流用語集

B2B・B2C・C2C・C2B 【 びーつーびー・びーつーしー・しーつーしー・しーつーびー 】

電子商取引(EC:イーコマース)における取引形態を表す言葉。Bは企業(Buisiness)、Cは一般消費者(Consumer)、2は「~へ」(to)を意味する。

B2Bは企業から企業への意味で、メーカー→卸・商社→小売店といった一般的な企業間取引を意味する。 インターネットを使った原材料、部品や商品の仕入などはその一例。 これまでの商取引や地域・販路を見かけ上侵食せずに"メーカー直販"や"卸直販"といった取引ができるため、あらゆる企業が系列や販路を超えようとこれらの領域に進出している。 商取引としては物流・決済が従来どおりである場合が多いため、比較的参入ハードルは低い。

B2Cは企業から一般消費者への商品・サービスの販売のことで、ネット通販や旅行・宿泊・交通機関予約、カスタマーサポートを顧客と直接行うなどが例として挙げられる。 一般消費者と企業が直接商取引を行う場合は、非対面で与信調査ができないことから、物流・決済の重要性が非常に高く、参入障壁となっており現状物流についてはヤマト・佐川の寡占状態になっている。

C2Cは一般消費者同士の商取引のことで、ネットオークションがこれにあたる。 これらもB2C同様、非対面で与信調査ができないことから、オークション市場を開設しているポータルサイトがこれらを補完する場合が多い。お互いの匿名性を補完するための物流・決済サービスを"エスクローサービス"と呼ぶ。

C2Bは一般消費者から企業への商取引のことで、リサイクルや返品、リコールの引き取りなどがこれにあたる。 昨今の様々な製品トラブル、環境対応の高まりと共に、物流においてもこれらの市場が大きく開花しようとしている。


【提供元:物流解決ねっと

 
 
 

GoogleAD