橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)

ブログトップへ
コラム

【自主的な社員をつくるためのステップ】

2014年1月21日

「自主性を持った社員を育てたい」というのは、多くの経営トップが 持つ望みでしょう。 しかし、エステティックグランプリで全国1位に輝いたサロン、 フルーツルーツの経営者、榎戸淳一氏は、そのためには、いくつかの ステップを踏まなければならないと...

【ビジョン】

2014年1月17日

サイバーエージェント社長の藤田晋氏は、「21世紀を代表する会社を 創る」というのが、自社のビジョンだと言います。 彼は、「孫正義は、ドコモを抜くとかいう話は大したことがなくて、 次はロボットだと言ってる。藤田さんは、ヤフーを抜いて、次は何 ...

【まずは、ワンフレーズメッセージ】

2014年1月15日

2012年4月に、ヤフージャパンのCEOに就任して1年目で、同社を6年 ぶりの2ケタ営業増益に導いた宮坂学氏は、メッセージの伝え方に 工夫を凝らしていると言います。 経営の方針をどう社員に伝えるかという点に、徹底的にこだわって いるのです。...

【仕事観と幸せ観】

2014年1月14日

エステティック業界の大きな課題のひとつとして、スタッフの定着 率の低さが挙げられるそうです。 この課題を克服し、エステティックグランプリで全国1位に輝いた エステティックサロン、フルーツルーツの経営者、榎戸淳一氏は、 その原因を次のように分...

【新人の定着率を上げるための仕事】

2014年1月13日

店舗や宿泊施設、事務所などへの訪問時に、訪問者の名前と何か 一言などが書かれた「ウェルカムボード」が掲げられているケースが あります。 大事にされている感じがして、とてもうれしいものです。 エステティックグランプリで全国1位に輝いたエステテ...

【リーダーは失敗しない】

2014年1月11日

世界的に著名な経営コンサルタント、ブライアン・トレーシー氏は、 「リーダーと呼ばれる人たちは、自分の失敗について、一切口に しない」と指摘します。 これは、失敗の経験は秘匿するという意味ではありません。 そもそもリーダーの頭の中には、失敗と...

【タダでできる5つのこと】

2014年1月10日

編集プロダクションのナイスクには、「タダ5」という言葉がある そうです。 この「タダ5」とは、「挨拶」、「笑顔」、「うなずく」、「拍手」、 「名前を呼ぶ」の5つです。 タダでできる5つのことが、これらなのです。 同社会長の松尾喬氏は、「社員...

【部下の家庭訪問】

2014年1月 9日

部下を持つときには、『覚悟』が必要です。 かのビートたけし氏も、「弟子入りするときに『覚悟を決めました』 なんて言う奴がいるけれど、覚悟を決めるのは師匠の方だ」と、著書 「超思考」の中で述べています。 なぜなら、部下を持つということは、本人...

【継続のコツ】

2014年1月 8日

「継続は力なり」と言いますが、「続けようとする行動に限って、 続けにくい」というのが、常でしょう。 なかなか続かず、「自分には、根性がないからだ・・・」と落ち 込んでしまいます。 しかし、行動科学の専門家、石田淳氏は、「続かないのは、『継続...

【上層部の仲】

2014年1月 7日

船井総研グループマネージャーの片山和也は、「上層部の仲が悪い 組織は、業績がよくない」と言います。 私のこれまでの見聞と照らし合わせても、全くそのとおりだと共感 できます。 もちろん、業績アップのために不可欠な要素のひとつの「一体化」と 「...

【ぜひ社員総会に出席させたい人】

2014年1月 6日

社員総会を開催している場合は、ぜひ内定者を出席させるべきだと 思います。 なぜなら、社員総会には、理念やビジョン、方針を浸透させるための プログラムが詰まっているからです。 例えば、毎年1回開催している弊社の全社研修は、社長や各部門長 から...

【お仕上げ品質検査済証】

2014年1月 5日

関西エリアに268店舗を展開するノムラクリーニング(本社:大阪府 八尾市)では、クリーニングの終わったワイシャツの返却時に、 「お仕上げ品質検査済証」を添付しています。 この札には、例えば次のような項目について、品質検査員が検品を 実施し、...

【自信と誇り】

2014年1月 4日

セイコーウオッチの「スプリングドライブ スペースウォーク」は、 世界初の宇宙空間で使われることを目的に開発された腕時計です。 宇宙は真空状態であるため、腕時計にも、高い機密性が求められます。 その機密性を実現するための最も重要な部品が、ケー...

【若者の価値観】

2014年1月 3日

近年、あるNPO(Nonprofit Organization:非営利団体)がアメリカの 大学生の就職先人気ランキングで、常に、トップ10に入っています。 2010年には、グーグルやディズニー、ゴールドマン・サックスなどを 抑えて、第1位を...

【成長ではなく膨張】

2014年1月 2日

今の時代は、プラス発想で考えれば、生産性のアップに取り組む 好機ととらえるべきでしょう。 人が増えない中で、利益を上げていくためには、従業員1人あたりの 粗利高をアップさせる視点が欠かせません。 生産性が上がれば、給与の原資が増えます。 す...

【社会の夢】

2014年1月 1日

船井総研で11期連続ナンバーワンの実績を上げたコンサルタント、 五十棲剛史は、「トップになるためのポイントは、自分のために がんばらないことだ」と述べています。 自らは、自分の夢ではなく、他人の夢(顧客の夢)をかなえるために、 我武者羅に働...

【着る服で心も変わる】

2013年12月31日

雑誌「GQ JAPAN」の記事の中で、音楽家の坂本龍一氏が、例を挙げて、 「着る服で心も変わる」という話をしていました。 フランスのある荒れた学校での事例です。 その学校では、ひとりの先生の発案で、1週間に一度、ちゃんとした 格好をしてくる...

【中途採用のターゲット】

2013年12月29日

中途採用のターゲットは、普通に考えれば、『転職者』です。 しかし、それは、本当に転職者でしょうか? 本当は、『転職』ではなく、『転社』を志向している人を採用する 場合の方が、多いのではないでしょうか? 熟語を構成する漢字からとらえると、転職...

【正しいターゲティング】

2013年12月29日

マーケティング活動においては、ターゲットが合っているかどうかが、 最も大切だと言っても、過言ではないでしょう。 人材採用も、求職者に対してのマーケティングだととらえれば、この ことは、まったく同じです。 昨今、ドライバー不足が大きな問題にな...

【文字を描く】

2013年12月23日

制作対象物を何ととらえるかで、作り方は、まったく変わってきます。 ですから、ユニークなものを作るためには、発想を転換することが、 とても重要です。 船井総研のコンサルタントで、小売業や教育機関の業績アップを 専門とする井口裕子は、手書きのP...

【ボトムアップの気風を育てる】

2013年12月13日

社員が、自主的・自立的に動くことを望む経営者は、多いでしょう。 トップダウン一辺倒ではなく、ボトムアップの気風が育てば、もっと 会社は愉しくなります。 愉しい会社は、儲かります。 良品計画会長の松井忠三氏は、組織にボトムアップの気風を浸透さ...

【社員が増える会社への進化の順番】

2013年12月 8日

あなたの会社の人材採用・定着化がうまくいっていないなら、社員に とって不安になるような体制だからかもしれません。 特に、今のような先の見えない時代には、不満ではなく、不安が 募っているケースが、多いようです。 そのような状況を打破し、社員が...

【細部こそマニュアル化】

2013年12月 4日

ムジグラムという全13冊、1683ページにおよぶ業務マニュアルを作成、 定着させ、業績が大幅に悪化していた無印良品をV字回復に導いた 良品計画の会長、松井忠三氏は、難しい仕事以上に、簡単と思える 仕事の方が、マニュアル化すべきだと言います。...

【繁盛企業の条件】

2013年12月 1日

去る11月30日(土)に、サンワNETS様主催の社内QC大会 「自給率向上活動発表大会(第39回 SQC発表大会)」に、出席 させていただきました。 スタートから20年間継続し、39回目の開催という、歴史あるイベント です。 本大会は、同社...

【部下は育てるものではない】

2013年11月28日

代表在任中に、トリンプ・インターナショナル・ジャパンを、19期 連続増収増益に導いた名経営者、吉越浩一郎氏は、「上司の役割は、 部下を育てることではない」と言います。 部下を育てるのは、上司ではなく、仕事そのものだからです。 上司が先生とし...

前の25件 1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11 次の25件
 

筆者紹介

株式会社船井総合研究所
上席コンサルタント 橋本 直行

橋本 直行 1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。
繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

最近のブログ記事
月別アーカイブ
カテゴリー別一覧

ビジネスブログ

  • 橋本 直行の「船井流 業績向上法」(物流企業編)
  • 鈴木邦成の「物流の視点」
  • ユニフォームのチカラ
  • 花房陵の「現場の物流術」